WiMAXに負けない?3Mbpsだけど無制限通信「ぷららモバイルLTE」

      2016/04/11

plala-lte-3mbps

月間のデータ通信量が無制限で定額のSIMを、ご存知でしょうか。

携帯電話の大手キャリアで、「通話し放題のサービス」はあります。

しかし、「データ通信量が無制限の定額サービス」は、あまり聞いた事がありません。

それが、「ぷららモバイルLTE」というサービスです。

ぷららモバイルLTE

このサービスの特徴は、通信速度が上下最大3Mbpsである事です。

他にも同じようなサービスは、いくつかありますが、1Mbps以上出るものは、ほとんど無いです。

さらに、スマホだけでなく、モバイルWi-Fiルーターでも使用できます。

「音声通話付きSIM」と「データ専用SIM」があります。

「データ専用SIM」を、対応しているモバイルWi-Fiルーターに挿せば、ルーターとして使用できます。

しかも、ドコモのMVNOなので、地下も含め、サービスエリアが非常に広いです。

それでは、それぞれのSIMについて、さらに詳しく説明していきます。

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTE
 
【特徴】
・初期費用 3,240円
・通信速度 上下最大3Mbps
・ドコモの「Xi」「FOMA」エリアに対応
・「ひかりTV エントリープラン」が無料
・「ネットバリアベーシック」が無料
・テザリング可能(※機種による)

【日割り】
加入:×
解約:×

【SIMの種類】
●大きさ
・microSIMカード
・nanoSIMカード
●通話orデータ
・音声通話付きSIM
・データ専用SIM

【注意点】
・1アカウントにつき1契約
・「ぷららライトセット会員」になる必要がある
※月額基本料無料
・SIMの種類は変更はできない
※「大きさ」「通話orデータ」ともに
・SIMカードは契約終了後に返却
・未成年者は申し込み不可

【キャンペーン】
期間:2015年8月31日まで
内容:月額利用料が利用開始月無料
※利用開始月とはSIMを受け取った月

金額表記は、全て税込みです。

データ専用SIMから音声通話付きSIMへなど、契約後のSIM変更は、一切できません。

変更したい場合は、一度解約する必要があります。

月途中での加入について、日割りはありません。

なので、加入するなら、月初めがお得です。

月途中の解約については、可能です。

しかし、日割りは無く、月末まで利用できます。

つまり、月末まで解約できないのと、ほぼ同じです。

「ひかりTV エントリープラン」は、月額350円で、スマホやパソコンから動画が見れるサービスです。

これが、無料で利用できます。

視聴可能な作品はこちらです。

「ネットバリアベーシック」は、有害なサイトをブロックしてくれるサービスです。

OFFに設定する事もできます。

それでは、「音声通話付きSIM」と「データ専用SIM」分けて、それぞれ説明していきます。

音声通話付きSIM

●定額無制限プラン【音声通話プラス】

【特徴】
・月額利用料 3,736円
・通話料 21.6円/30秒
・テレビ電話 38.88円/30秒
・国際通話対応

【解約金】
最低利用期間:6ヶ月目まで
※利用開始月の翌月を1ヶ月目とする
違約金:8,000円(不課税)

【セット販売スマホ】
・Ascend Mate7 48,402円
・Ascend G620S 21,186円
※一括支払いのみ

対応スマホ一覧:動作確認済み端末一覧|ぷららモバイルLTE|ぷらら

最低利用期間と違約金があるので、ご注意ください。

スマホとセット購入できますが、一括支払いのみです。

「Ascend Mate7」は、お薦めのスマホで、私も利用しています。

画面サイズは、iPhone 6 Plusと、ほぼ同じです。

「DMM mobile」で契約しましたが、端末自体のレビューは参考になるので、私のレビュー記事を貼っておきます。

[開封の儀]DMM mobileから「HUAWEI Ascend Mate7」が届きました!

通話はほとんどしない方で、スマホを1台しか利用しない方には、最適なMNPの候補先だと思います。

しかし、スマホを2台以上持つ事を検討されている方や、パソコンを外出先でも使用する方は、モバイルWi-Fiルーターの方が、お薦めです。

つまり、「データ専用SIM」の方が、お薦めです。

データ専用SIM

●定額無制限プラン

【特徴】
・月額利用料 2,980円
・SMSオプション 月額162円
・最低利用期間無し
・解約金無し
・スマホ、Wi-Fiルーターに利用できる

【セット販売ルーター】
・AtermMR04LN 21,600円
・AtermMR03LN 20,430円
・FS020W 19,800円
※一括支払いのみ

対応ルーター一覧:動作確認済み端末一覧|ぷららモバイルLTE|ぷらら

スマホにも、Wi-Fiルーターにも利用できます。

お薦めは、Wi-Fiルーターの方です。

おそらく、スマホで検討されている方は、2台以上持ちで、これを使ってテザリングを考えていると思います。

テザリングの場合、そのスマホの電池を、非常に消費します。

結果として、モバイルバッテリーが必須になってくると思います。

しかし、それだったら、モバイルWi-Fiルーターを持ち歩いた方が、端末の数は同じなので、賢いです。

もし、スマホで利用する場合、SMSオプションを付けた方が良いです。

LINEが、利用できるからです。

さて、モバイルWi-Fiルーターとして、このサービスの利用を検討する場合、比較すべきサービスがあります。

それは、WiMAXです。

WiMAXってどんなサービス?

WiMAXには、ルーター、プラン、プロバイダが、いくつかあります。

全部説明すると、非常に長くなってしまうので、私がお薦めする下記のルーター、プラン、プロバイダを前提に説明します。

ルーター:WX01(NECプラットフォームズ)
プラン:UQ Flatツープラス ギガ放題
プロバイダ:UQ WiMAX

これらについて簡単に説明します。

「WX01(NECプラットフォームズ)」は、2種類ある最新機種の一つです。

もう一つの機種に比べて、電池が長持ちして、地下鉄でも繋がり易いです。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」は、最新プランです。

ほとんどの新規契約者が、このプランで契約します。

「UQ WiMAX」は、WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズさんが運営する、本家のプロバイダです。

私も、このプロバイダで契約しています。

さて、WiMAXのメリットから説明します。

速度制限は、「月間7GB制限」と「直近3日3GB制限」があります。

しかし、私がお薦めしたルーターとプランの契約であれば、「月間7GB制限」は、関係ないです。

「直近3日3GB制限」は存在しますが、この速度制限を受けた時の通信速度は、非常に速いです。

どれくらいかと言いますと、YouTubeを高画質を見ていても、途中で止まらないくらいです。

スピードテストの結果を知りたい方は、私が行った結果をまとめた下記の記事を見てください。

WiMAXが7月15日より「直近3日間3GB制限」時の速度を上昇

つまり、速度制限を受けても、快適に利用できるという事なんです。

実際に、私も毎日速度制限を受けていますが、YouTubeやhuluの視聴を、楽しんでいます。

ぷららモバイルLTEとの比較

一番気になる事は、ぷららモバイルLTEとの比較です。

大事な要素だけピックアップして、比較します。

・月額使用料
・ルーター料金
・下りの通信速度
・地下での繋がり易さ

“下り”とは、ダウンロードです。

画像を表示したり、動画を見たりする事です。

ぷららモバイルLTE WiMAX
月額使用料 2,980円 4,730円
ルーター料金 約2万円 3,024円
下りの通信速度 最大3Mbps 約6Mbps
地下での繋がり易さ

 
全て、税込みです。

ぷららモバイルLTEのルーター料金は、Amazonなどで、対応ルーターの中から安い物を購入する事もできます。

WiMAXの下りの通信速度は、私のスピードテストの結果、「直近3日3GB制限」時に大体約6Mbpsだったからです。

遅い時でも、4Mbps以上出ました。

地下での繋がり易さについては、WiMAXはマックの地下では、非常に繋がりにくいです。

地下で使用する事が前提の場合は、ぷららモバイルLTEをお薦めします。

しかし、地下鉄では、WiMAXのアンテナが設置されている事が多く、結構繋がる場所は多いです。

WiMAXに興味を持った方は、「WX01(NECプラットフォームズ)」を解説した、私の記事を読んでください。

WX01は220Mbpsがすぐ使える!省電力モードで電池が長持ち

この記事を読めば、WiMAXで使用する回線の事から、一から全て理解できると思います。

まとめ

ぷららモバイルLTEは、「データ通信量が無制限の定額サービス」の中でも、非常に人気です。

スマホ1台持ちなら、「音声通話付きSIM」がお薦めです。

スマホ2台持ちやパソコンを外出先で利用するなら、「データ専用SIM」で契約してモバイルWi-Fiルーターに挿して利用するか、WiMAXを契約する事がお薦めです。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - スマホ ,