docomoから他社にMNP転出した際にドコモショップで教わった事

      2017/03/10

docomo-mnp-shop

2015年1月に、10年以上利用していたdocomoから、DMM mobileにMNP転出しました。

その際に、ドコモショップに行きました。

MNP予約番号を発行してもらうために行ったのですが、それ以外にも手続きを行ったり、お得な情報を教えてもらったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

スマホを購入してから2年経った翌月に行ったが、解約金が発生した!

機種変更できる月、つまり「月々サポート」が終わる月の翌月が、解約金が発生しない月(更新月)だと勘違いしていました!

実際には、料金プランの「カケホーダイ」(少し前までは「タイプXi にねん」)の契約満了月の翌月が、更新月でした!

これにはショックでした…

実際には、更新月は約1年後でした。

しかし、なぜこのような時差ができたかと言いますと、10年以上前から利用していたからです。

FOMAから始まり、Xiに変わり、その間に料金プランも変わってきました。

それらの契約期間は、引き継いでいるそうです。

FOMA定期契約型割引(定額データ スタンダード割、定額データ スタンダード割2、定額データ割を除く)の契約期間を引き継ぎます。

引用元:タイプXi にねん / ご注意事項

これはFOMA→Xiの時の注意点ですが、「タイプXi にねん」→「カケホーダイ」の時もそうです。

つまり、「最初に契約したのはいつなんだ?」っていう話です。

そんなの覚えていません。

もちろん、ネットや電話やドコモショップで、確認できると思いますが。

結論としては、これにより、時差が生じたという事です。

ちなみに、スマホを購入すると同時にドコモで契約した場合でも、2014年4月1日より前に契約した場合は、「月々サポート」の終了月と契約満了月には、1ヶ月間のずれがあるみたいです。

契約に関しては、契約月の翌月が1ヶ月目です。

「月々サポート」に関しては、2014年4月1日より前に利用を始めた場合、“購入月が1ヶ月目”でした。

24ヶ月間で、契約は満了し、「月々サポート」は終了します。

これだと、「月々サポート」の方が早く終わり、すぐに解約したい人には、無駄な1ヶ月間が生まれます。

しかし、2014年4月1日から変わりました。

ご購入機種に応じて一定額を毎月のご利用料金から割り引く「月々サポート」は、ご購入月の翌月のご利用料金より適用といたします。

引用元:新規契約時におけるパケット定額サービス等の日割り適用開始について

つまり、購入月の翌月が1ヶ月目になったという事です。

これで、無駄な1ヶ月が生まれず、すぐに解約したい人に優しくなりました。

話を戻します。

私は我慢できずに、9,500円の解約金を払って、MNP転出する事にしました。

この解約金の請求月は忘れてしまいました…

また、普通のMNPの手数料として、2,000円かかりました。

これは、MNP完了の翌月に請求されるそうです。

スポンサーリンク

ファミリー割引の主回線変更は後任者の同意は?残された人達への影響は?

実は、私はファミリー割引主回線になっていました。

私の家族での加入者は、私も含めて3人

とりあえず、私が抜けても2名以上なので、存続できるとの事でした。

問題は、「主回線の変更」です。

「後任者の本人確認書が必要です」とかなったら、面倒臭くて倒れそうです。

しかし、大丈夫でした!

何も必要な物はありませんでした。

「後で本人に伝えといてください」との事でした。

また、「私が抜けた事で影響はありますか?」と聞いたところ、ありませんでした!

まあ、これは契約によるかもしれませんので、ご自身で確認した方が良いと思います。

SIMカードは返さなくても良い?

ビックリしたんですけど、「SIMカードは返さなくて良いですか?」と聞いたところ、返さなくても良いとの事でした。

結論として、私はSIMカード(ドコモUIMカード)を返していません

さらに、話を聞いてみると、「SIMカードが入っていなくても今は使えるが、今後はSIMカードが入ってないと使えなくなるかもしれない」という内容の話をされていました。

なので、そのままMNP転出が成功した後も、SIMカードを入れっぱなしで、モバイルWi-Fiルーターで通信して使用しています。

解約後も端末を無料で修理してもらえる?

私の端末は、実は少し壊れていて、充電が上手くできない事があります。

それを修理してから、MNPで移転しようかと思ったのですが、この端末しかスマホは持っていなかったので、そのままMNP転出する事にしました。

そして、「解約後に修理をお願いする場合、いくらかかりますか?」と聞いたところ、無料で直してもらえる事が分かりました!

ただし、購入してから3年間だけだそうです。

それでも、あと1年くらいは大丈夫なので、非常に嬉しい情報でした。

おそらく、これの事ではないかと思っています。

現在ご利用中の携帯電話が万が一故障した場合、ドコモプレミアクラブ会員のお客様に限り、ご購入から3年間無料で修理いたします。

引用元:「月額無料」の安心サポート

ドコモプレミアクラブって、無料みたいだけど、まだ入っているのかなぁ?

ドコモポイントは無効になるんだけどなぁ。

よくわからないですけど、修理してもらえるなら、この辺の事はわからなくて良いです。

お薦めのMVNO「LINEモバイル」

ドコモからMNP転出するなら、転入先はドコモ回線を利用したMVNOがお薦めです。

今一番熱いドコモ回線MVNOは、「LINEモバイル」です。

LINEモバイル

LINEモバイル

【特徴】
・カウントフリー標準装備
※プランによって対象が変わる
・LINEのID検索が可能
・データプレゼント
・契約者と利用者を分けて運用可能
・ドコモ回線

【主なオプション】
なし

【主なプラン】
●コミュニケーションフリープラン
3GB:1,690円
●MUSIC+プラン
3GB:2,390円

【解約】
最低利用期間:12ヶ月間
解約手数料:9,800円
※最低利用期間内の解約

【注意事項】
・無料通話オプションがない

カウントフリーは、通信容量を使い切った後でも、適用されます。

「コミュニケーションフリープラン」で、カウントフリーになる対象サービスは、下記です。

・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram

動画に関しては、タイムライン上に表示される、そのサービス公式の動画視聴の場合は、カウントされません。

つまり、YouTubeなどの外部サービスの埋め込み動画の場合は、カウントされてしまいます

また、下記のストリーミング配信に関しても、カウントされてしまいます

●LINE
LINE LIVE
●Twitter
Periscope
●Facebook
Facebook Live

「MUSIC+プラン」は、「コミュニケーションフリープラン」の対象サービスに加えて、「LINE MUSIC」も対象になるプランです。

【LINE MUSIC】

「LINE MUSIC」での操作や、ストリーミング視聴、ダウンロードは、全てカウントされません。

しかし、「音質-高」でのストリーミング視聴を長時間していると、速度制限を受ける可能性があります。

あと、もちろんですが、「LINE MUSIC」自体の月額料金などは、普通にかかります。

何がカウントフリーになるのか不明な点がある方は、下記の公式サイトの記事を参考にしてください。

カウントフリー機能に係る説明書

「データプレゼント」とは、LINEモバイルの利用者に、データ通信量を贈れるサービスです。

贈れるデータ通信量は、契約したプランの当月の通信容量の残量だけです。

下記のデータ通信量に関しては、贈る事ができません。

・前月からの繰り越し分
・データプレゼントで貰った分
・追加購入した分

“契約者と利用者を分けて運用可能”についてですが、これはお子様を持っている親御様向けの仕様です。

設定により、お子様を利用者にした場合、お子様はマイページにログインする事ができず、下記の事が可能です。

・データ残量の確認
・データプレゼント

設定方法など、詳しい事は、下記の公式ブログの記事を参考にしてください。

LINEモバイルのLINE公式アカウントで契約者連携&利用者連携をしよう : LINE MOBILE 公式ブログ

LINEのアカウントを連携させて利用できて、しかもSNS系がカウントフリーになるので、爆発的に利用者は増えると思います。

ただし、まだ始まったばかりで、無料通話サービスは全くないです。

これからに期待です。

下記のアプリでは、通話料が半額になるので、この業者を利用するなら使った方が良いです。

DMMトーク
楽天でんわ

これらは、別に「DMM mobile」や「楽天モバイル」で契約していなくても、利用できるので安心してください。

まとめ

金額に関しては、全て税抜きです。

あと、これはたぶん自分が無知なだけなんですけど、「解約した後でもSIMロック解除してもらえるんですか?」と聞きました。

「契約しているかどうかに関係なくできる。例えば、中古で購入したドコモ端末でも受け付けている」という内容の話をされていました。

【今回の情報】
・「月々サポート」終了月と契約満了月は関係ない
・MNP費用は2,000円
・解約金は9,500円
・ファミリー割引の主回線変更に必要な書類等は無い(主回線者本人来店)
・SIMカードは返さなくて良い場合もある
・今後はSIMカードが入ってないとドコモのスマホが使えなくなる可能性がある
・解約後も購入してから3年間だけは修理が無料
・ドコモポイントは無効になる
・契約に関係なくドコモ端末ならSiMロック解除をしてもらえる

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - スマホ , ,