過去記事

WX01は220Mbpsがすぐ使える!省電力モードで電池が長持ち

wx01-220mbps-wimax

WiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX01」が、NECプラットフォームズさんから、発売されました。

UQ WiMAX:Speed Wi-Fi NEXT WX01

NECプラットフォームズ:WX01 | 各部名称

色は、下記の3色あります。

・ディープブルー
・パールホワイト
・メタリックレッド

非常に人気のルーターで、契約数も伸びています。

詳しく説明する前に、まずWiMAXの基本から説明していきます。

追記

最近、この「WX01」をバージョンアップさせた最新機種「WX03」が発売されました。

それについては、下記にまとめました。

WX03はタッチパネルが大画面で見易い!スマホへの通信量の通知

この端末が、現在発売されている物の中で、一番のお薦めです。

なので、これ以降の文章を読むより、上記の記事を読む事を勧めます

WiMAXの基本

使用する回線

WiMAXで使用する回線は、全部で4種類あります。

●WiMAX
下り最大:13.3Mbps
上り最大:15Mbps
【特徴】
・YouTubeの高画質視聴が快適
・地下で繋がりにくい

●WiMAX 2+(110Mbps)
下り最大:110Mbps
上り最大:10Mbps
【特徴】
・「WiMAX」の上級回線
・地下で繋がりにくい

●WiMAX 2+(220Mbps)
下り最大:220Mbps
上り最大:10Mbps
【特徴】
・「WiMAX 2+(110Mbps)」の上級回線
・地下で繋がりにくい

●au 4G LTE
下り最大:75Mbps
上り最大:25Mbps
【特徴】
・利用可能エリアが広い
・地下にも強い
・1,005円/月のオプション料金が必要
※月額基本使用料とは別
※日割り無し

“下り”は、ダウンロードです。

“上り”は、アップロードです。

実は、ルーターで回線を指定する事はできません。

指定できるのは、「モード」です。

どのようなモードがあるかは、ルーターの機種によって、異なります。

それでは、「WX01(NECプラットフォームズ)」について、詳しく説明していきます。

Speed Wi-Fi NEXT WX01

スペック

製造元 NECプラットフォームズ
質量 約97g
外形寸法 約W109×H66×D9mm
最大同時接続台数(Wi-Fi) 10台
最大同時接続台数(Bluetooth) 7台
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b
対応ネットワーク(回線) WiMAX(ハイパワー対応)/WiMAX 2+
220Mbps対応 発売と同時に、現在の「WiMAX 2+」のサービスエリアで利用可能

 
接続方法は、Wi-FiとBluetoothの2種類があります。

利用できる回線は、「WiMAX(ハイパワー対応)」と「WiMAX 2+」の2種類です。

「au 4G LTE」は、利用できません。

“ハイパワー対応”とは、普通の「WiMAX」よりも少し繋がり易いという事です。

「WiMAX」が利用できる事は、大きなメリットです。

理由は、サービスエリアは「WiMAX 2+」よりも「WiMAX」の方が、広いからです。

サービスエリア|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

特に地下鉄では、「WiMAX」の方が繋がり易いです。

快適に使える!地下鉄路線|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

もう一つの最新機種「W01(Huawei)」では、「WiMAX」は利用できません。

「WiMAX 2+(220Mbps)」がすぐ利用できる事も、メリットです。

「W01(Huawei)」では、すぐには利用できないからです。

なぜ機種によって変わるのかは、通信方式が違うからです。

「WX01(NECプラットフォームズ)」では「4x4 MIMO」という通信方式で、「W01(Huawei)」では「CA(キャリアアグリゲーション)」という通信方式です。

詳しい事は分かりませんが、「CA(キャリアアグリゲーション)」だと工事が必要との事です。

モード

モード 使用する回線
ハイパフォーマンスモード 「WiMAX 2+(220Mbps)」と「WiMAX」を使用します。基本的には「WiMAX 2+(220Mbps)」で通信し、繋がらない場所では「WiMAX」で通信します。
省電力モード 「WiMAX 2+(110Mbps)」と「WiMAX」を使用します。基本的には「WiMAX 2+(110Mbps)」で通信し、繋がらない場所では「WiMAX」で通信します。

 
指定できるモードは、2種類です。

どちらのモードでも、「WiMAX」を指定する事はできません。

モードの違いは、使用する回線だけでなく、電池の持ち具合もそうです。

バッテリー(WiMAX 2+連続通信時間)

モード Wi-Fi Bluetooth
ハイパフォーマンスモード 約6時間40分 約8時間40分
省電力モード 約8時間 約10時間20分

 
Bluetooth接続の場合、Wi-Fi接続より電池は長持ちしますが、少しだけ通信速度が落ちます。

「省電力モード」の方が、電池は長持ちします。

「省電力モード」では、基本的に使用する回線が「WiMAX 2+(110Mbps)」になりますが、「WiMAX 2+(110Mbps)」でも十分速いので、このモードがお薦めです。

契約する時のプランについて

いくつかプランはありますが、お薦めのプランは、本家の「UQ WiMAX」で言うと、最新プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」です。

プロバイダによっては名称が少し異なりますが、「ギガ放題」と覚えておけば大丈夫です。

料金などは異なりますが、速度制限のルールなどは、ほぼ同じです。

このプランの最大の特徴は、「月間7GB制限」が基本的に適用されない事です。

“基本的に”というのは、「au 4G LTE」を含むモードを使用した場合は、適用される場合があるからです。

しかし、今回の「WX01」では、先ほど説明した通り、「au 4G LTE」は利用できません

なので、このルーターで、「ギガ放題」を契約する場合、「月間7GB制限」は全く関係ないという事です。

別のプランの場合、「au 4G LTE」を含むモードを使用しなくても、「月間7GB制限」が適用されてしまうので、「ギガ放題」がお勧めなのです。

解約については、スマホと同じような2年契約になっています。

本家の「UQ WiMAX」では、下記のようになっています。

1ヶ月目~13ヶ月目:19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目:14,000円
26ヶ月目(更新月):0円
27ヶ月以降:9,500円

公式サイト:UQ Flatツープラス 契約解除料について

プロバイダによって多少異なりますが、大体どこも同じような感じです。

「月間7GB制限」は全く関係ないですが、スマホにあるような「直近3日3GB制限」は、どのプランでも存在します。

直近3日3GB制限

●直近3日3GB制限
【条件】
・当日を含まない直近3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GB以上になった場合
※全てのモードが計算の対象
【制限内容】
・当日の昼頃~翌日の昼頃まで、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度がYouTubeの高画質が見れる程度の速度になる
※全てのモードが制限の対象
【解除方法】
・翌日の昼頃になる

まず、「WiMAX」は計算にも利用されませんし、制限も受けません

繰り返しになりますが、「au 4G LTE」は、このルーターでは利用できません。

関係があるのは、「WiMAX 2+」だけです。

『「WiMAX」と「WiMAX 2+」は手動で切り替えれない!致命的だ!』

と思われた方、安心してください。

制限を受けた時の通信速度は、“YouTubeの高画質が見れる程度の速度”です。

つまり、めちゃくちゃ速いので、全然困りません。

実際に、私は「WiMAX 2+」を使って、毎日YouTubeなどの動画を、見まくっています

毎日、10GB以上使っています。

これが証拠です。

wimax-my-3kakan

毎日、速度制限を受けていると思いますが、自分では全く気が付きません

それくらい快適なのです。

スピードテストの結果が気になる方は、下記の記事を参考にしてください。

WiMAXが7月15日より「直近3日間3GB制限」時の速度を上昇

だいたい4~6Mbpsくらいは出ています。

日常生活で普通に利用する分には、十分な速度です。

プロバイダを選ぶ

あとは、プロバイダを選ぶだけです。

多くのプロバイダでも、今回の「WX01」は在庫処分されており、現在取り扱っているプロバイダは、本家の「UQ WiMAX」だけでした。

UQ WiMAX



【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

【特徴】
・本家のUQコミュニケーションズ運営
・最短で申し込み当日に商品発送
・保証サービスが手厚い
・本家ならではのスピード感、安心感

【キャンペーン】
期間:2月1日~5月2日まで
内容:
●WX01(NECプラットフォームズ)
・10,000円商品券(JCBギフトカード)
※発送時(2ヶ月目の月末まで)に解約していたら無効
※違約金の記載なし

【ギガ放題】
1ヶ月目~3ヶ月目:月額3,696円
4ヶ月目~25ヶ月目:月額4,380円
※1ヶ月目:初月、端末受取月

【解約金】
1ヶ月目~13ヶ月目:19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目:14,000円
26ヶ月目(更新月):0円
27ヶ月目以降:9,500円
※25ヶ月目の月末でも0円

【日割り】
加入:○
解約:○

【保証サービス】
●端末補償サービス
月額380円
※日割り無しで初月から料金発生
※加入は契約時のみ

【初期費用】
登録手数料:3,000円

【端末料金】
●WX01(NECプラットフォームズ)
800円

【費用の総額】
110,748円
※月額換算:約4,430円

私はここで契約しています。

“最短で申し込み当日に商品発送”という事ですが、ネットで申し込んで、次の日には、ルーターが届きました

「端末補償サービス」は、下記の事態において、リフレッシュ品を有料で交換してもらえるオプションサービスです。

・自然故障(通常使用による故障)
・部分破損
・全損
・水濡れ
・火災による焼失
・盗難
・紛失

リフレッシュ品とは、中古ですが、新品同様の状態に初期化した機器の事です。

交換料金は、このようになっています。

初回:3,300円
2回目:5,300円

ただし、1年目の自然故障に関しては、何回でも無料です。

ここまで全体対応な保証サービスは、他社では無いです。

故障した時に電話で連絡すると、リフレッシュ品を送ってもらえるので、結構早く利用を再開できます。

月額380円なので、加入する事をお勧めします。

費用の総額も、これに加入する前提で計算しています。

まとめ

WiMAXのルーターは、新機種が発売されると、在庫処分されます。

今回の「WX01」は、売り切れ寸前です。

最新機種の記事を、参考にしてください。

●最新機種「WX03(NECプラットフォームズ)」
WX03はタッチパネルが大画面で見易い!スマホへの通信量の通知

おすすめ記事

1

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンです。 特徴としては、サイズがコンパクトで、ワンタッチでコーヒーを作ってくれる事です。 使用するコーヒー豆は、多くの方が知 ...

2

カプセルからコーヒーを作る事ができる事を知っていますか? 一時、CMやテレビ番組で多く取り上げられたので、知っている方も多いと思います。 今や、このカプセルは、コンビニやスーパーに普通に売られるまでに ...

-過去記事

© 2022 違いがわかる男 Powered by AFFINGER5