WX03はタッチパネルが大画面で見易い!スマホへの通信量の通知

      2017/03/18

WiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」が、NECプラットフォームズさんから、発売されました。

UQ WiMAX:Speed Wi-Fi NEXT WX03

NECプラットフォームズ:WX03 | 各部名称

色は、下記の2色あります。

・ホワイトゴールド
・ディープブルー

それでは、スペックや使い方、速度制限などについて、詳しく解説していきます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

スペック

製造元 NECプラットフォームズ
質量 約110g
外形寸法 約W99×H62×D13.2mm
接続方法 Wi-Fi/Bluetooth
最大同時接続台数(Wi-Fi) 10台
最大同時接続台数(Bluetooth) 3台
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b
対応ネットワーク(回線) WiMAX 2+

 
接続方法は、Wi-FiとBluetoothの2種類があります。

利用できる回線は、「WiMAX 2+」の1種類です。

今までの機種では、「WiMAX」が利用できましたが、無くなりました

まあ、今後は「WiMAX」が他の新しい回線に割り当てられて、「WiMAX」自体が無くなるようなので、当然でしょう。

あと、「au 4G LTE」という回線もありますが、このルーターでは利用できません

利用できる回線「WiMAX 2+」を、もっと細かく分けると、下記の3種類になります。

●WiMAX 2+(440Mbps)
下り最大:440Mbps
上り最大:10Mbps
【特徴】
・「WiMAX 2+(220Mbps)」の上級回線
・地下で繋がりにくい

●WiMAX 2+(220Mbps)
下り最大:220Mbps
上り最大:10Mbps
【特徴】
・「WiMAX 2+(110Mbps)」の上級回線
・地下で繋がりにくい

●WiMAX 2+(110Mbps)
下り最大:110Mbps
上り最大:10Mbps
【特徴】
・地下で繋がりにくい

“下り”は、ダウンロードです。

“上り”は、アップロードです。

実は、ルーターで回線を指定する事はできません。

指定できるのは、「モード」です。

どのようなモードがあるかは、ルーターの機種によって、異なります。

それでは、今回の「WX03(NECプラットフォームズ)」で、どのようなモードがあるか説明します。

モード

モード 使用する回線
ハイパフォーマンスモード 基本的には「WiMAX 2+(440Mbps)」で通信し、繋がらない場所では「WiMAX 2+(220Mbps)」か「WiMAX 2+(110Mbps)」の最適な方で通信します。
ノーマルモード 「WiMAX 2+(220Mbps)」か「WiMAX 2+(110Mbps)」の最適な方で通信します。
エコモード 「WiMAX 2+(110Mbps)」で通信します。

 
指定できるモードは、3種類です。

3種類ありますが、実際にこのルーターを利用する際は、「エコモード」で十分だと思います。

なぜかと言いますと、通信速度は「WiMAX 2+(110Mbps)」で十分速いからです。

理論上「WiMAX 2+(440Mbps)」とか、特にメリット無いですよ。

あとで説明しますが、「エコモード」が一番電池が長持ちするので、このモードにしたらあとはモードを変える必要が無いです。

また、どのモードを利用しても、「月間7GB制限」は関係ないです。

●月間7GB制限
【条件】
・「ハイスピードプラスエリアモード」を利用中に、当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GB以上になった場合
【制限内容】
・当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度が上り下り最大128kbpsになる
※「ハイスピードモード」の「WiMAX 2+」も含む
【解除方法】
・翌月になる

“「ハイスピードプラスエリアモード」”が、このルーターには存在しないからです。

このモードは、「au 4G LTE」が利用できるルーターに存在します。

つまり、このルーターは、月間通信容量を無限GBプランで契約したスマホと同じです。

実際に、私は、月の後半でこれだけの通信量を使用しています。

wimax-my-gekkan

ただし、どのモードを利用しても、「直近3日10GB制限」は存在します。

●直近3日10GB制限
【条件】
・当日を含まない直近3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上になった場合
※全てのモードが計算の対象
【制限内容】
・翌日の18時頃~26時頃まで、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度がYouTubeの標準画質が見れる程度(約1Mbps)の速度になる
※全てのモードが制限の対象
【解除方法】
・26時頃になる

「やっぱりWiMAXにも速度制限があって駄目なのか…」

そう思われた方、安心してください。

まず、3日で10GBですから。

自宅のネット回線代わりに利用している人以外で、そんなに利用する人なんて、ほとんどいないです。

まあ、私は自宅のネット回線代わりにしているので、ちょっと痛いのですが(笑)

あと、速度制限された時の通信速度は、YouTubeの標準画質が見れる程度(約1Mbps)です。

約1Mbpsって110Mbpsの約100分の一じゃん!!?」

そう思われた方、安心してください。

「WiMAX 2+(110Mbps)」でも、約10Mbpsくらいしか出ないですから。

約10Mbpsでも、YouTubeの高画質が見れます。

というか、約6Mbpsあれば、YouTubeの高画質は見れます。

なので、約1Mbpsという数値は、マイナスのインパクトは大きいですが、実際にはそんなに悪くないです。

YouTubeで一番の高画質は画質が720pですが、標準画質(2番目に画質が良い)は480pです。

約1Mbpsで、YouTubeを再生すると、この480pになるだけです。

一度手動で設定して、試してみてください。

若干、画質は悪くなりますが、そんなに気にならないですよ。

先ほど言ったように、私は自宅のネット回線でも利用しています。

毎日YouTubeを見ながら生活していますが、全然困っていないです。

なので、「直近3日10GB制限」は存在しますが、気にならないという認識で間違いないです。

バッテリー(WiMAX 2+連続通信時間)

モード Wi-Fi Bluetooth
ハイパフォーマンスモード 約6時間20分 約9時間40分
ノーマルモード 約10時間 約15時間
エコモード 約12時間20分 約16時間30分

 
Bluetooth接続の場合、Wi-Fi接続より電池は長持ちしますが、少しだけ通信速度が落ちます。

まずは、Bluetooth接続で試して、通信速度や通信の安定性に問題を感じたら、Wi-Fi接続に変更する事を勧めます。

先ほども言いましたが、もちろんモードは、「エコモード」がお薦めです。

「WX03」の特徴と前作「WX02」からの変更点

●電池が長持ち
「エコモード」(前作の省電力モード)で、約4時間以上長持ちするようになりました。
これは、非常に大きなメリットです。

●日次通信量累計の表示
速度制限「直近3日10GB制限」を受けているかが分かる表示です。
項目としては、「前日までの3日間」と「本日までの3日間」の2つがあります。
「前日までの3日間」で、10GBを超えている場合、本日の18時頃~26時頃に、速度制限を受けます。
「本日までの3日間」で、10GBを超えている場合、明日の18時頃~26時頃に、速度制限を受けます。

●ディスプレイがタッチパネルで大画面に
前作「WX02」では、「WX03」の三分の一くらいの大きさでした。
しかも、白黒でかなり見にくかったです。
さらに、前作「WX02」がタッチパネルではなく、ボタン式でした…

●スマホへの通知機能
「直近3日10GB制限」に対策できるように、「直近3日で何GBを使ったら通知する」という設定ができるようになりました。
例えば、自分の中で8GBになったら節約しようと考えているなら、「8GB」を設定しておけば、直近3日間で8GBを利用した時にスマホへ通知されます。
また、電池残量が少なくなった時にも通知が来ます。

前作「WX02」に比べて、デザイン性も機能性も、かなりレベルアップしました。

他社の最新作「W04(Huawei)」との比較

利用できる回線

「W04(Huawei)」では、「au 4G LTE」という回線が利用できます。

しかし、この回線を利用(「ハイスピードプラスエリアモード」を利用)すると、モード説明の時にも言いましたが、「月間7GB制限」が発動する可能性があるので、このルーターを利用してもこの回線は利用しません。

●月間7GB制限
【条件】
・「ハイスピードプラスエリアモード」を利用中に、当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GB以上になった場合
【制限内容】
・当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度が上り下り最大128kbpsになる
※「ハイスピードモード」の「WiMAX 2+」も含む
【解除方法】
・翌月になる

なので、一見メリットに思えますが、万が一操作を誤って利用する可能性があるので、デメリットになるという考え方もあります。

バッテリー

WiMAX 2+連続通信時間で、一番長持ちするモードで比較します。

「W04(Huawei)」では、Bluetoothで接続する事はできないので、Wi-Fiの場合で比較します。

●W04(Huawei)
バッテリーセーブモード:約10時間30分
●WX03(NECプラットフォームズ)
エコモード:約12時間20分

約2時間も、「WX03(NECプラットフォームズ)」の方が上です。

これに加えて、Bluetooth接続もあるので、遥かに「WX03(NECプラットフォームズ)」の方が優秀です。

便利機能

先ほど説明した“スマホへの通知機能”は、「WX03(NECプラットフォームズ)」にしかありません

デザイン

「W04(Huawei)」の方が、見た目はスタイリッシュでおしゃれな感じはあります。

しかし、ディスプレイが見易いのは、「WX03(NECプラットフォームズ)」です。

総評

見た目以外の機能的な面では、「WX03(NECプラットフォームズ)」の方が優秀です。

まあ、ルーターはバックなどに入れておく物なので、現時点で、一番お薦めのルーターは、「WX03(NECプラットフォームズ)」です。

お薦めのプロバイダ

プロバイダはたくさんありますが、どこもプランの内容はほぼ同じです。

2年契約で、最新プラン「ギガ放題」だと月額通信量の上限がありません

スマホのMVNOとは違い、単なる代理店のようなイメージです。

プロバイダは、キャッシュバックなど多くして、費用の総額などで差を付けようとしています。

しかし、私は色んなプロバイダを研究しまくって、お薦めの業者を1社見つけました。

それは、LinkLifeが運営する「BroadWiMAX」という業者です。

Broad WiMAX

お薦めのポイントは、下記です。

・費用の総額が非常に安い
・キャッシュバックの貰い忘れが無い
・契約内容がシンプル
・最短即日発送

費用の総額は、業界最安値水準です。

しかも、キャッシュバックの貰い忘れが無いように、月額料金を割り引くような料金体系を採用しています。

キャッシュバック制度で、費用の総額を安くしている業者は、キャッシュバックには貰い忘れがあるので、お薦めできません。

また、「BroadWiMAX」は契約内容がシンプルなので、初めて「WiMAX」を利用される方でも、安心できます。

他社では、“プロバイダ料金”という形で、月額約200円がさらにかかるところが、ほとんどです。

「BroadWiMAX」では、そのような料金は、一切ありません。

また、契約を申し込んで、最短で即日発送です。

他社では、最低でも3日以上かかるところが、ほとんどです。

以上の理由で、「BroadWiMAX」がお薦めなのです。

「ここを直してくれたら…」と思う業者

●UQ WiMAX
本家のプロバイダですが料金が高いです。月額換算で約4,000円します。

●GMOとくとくBB WiMAX 2+
キャッシュバックの貰い忘れが怖いです。プロバイダ料金がかかります。

●BIGLOBE WiMAX 2+
キャッシュバックの貰い忘れが怖いです。プロバイダ料金がかかります。“2日~1週間程度”は長いです。

●@niftyWiMAX
キャッシュバックの貰い忘れが怖いです。プロバイダ料金がかかります。“到着するまでに最短4日”は長いです。

●So-net モバイル WiMAX 2+
プロバイダ料金がかかります。“到着までの目安は3~7日”は長いです。

BroadWiMAX

Broad WiMAX

【特徴】
・月額基本料が安い
・最短即日発送

【キャンペーン】
期間:終了未定
条件:
・「ギガ放題 月額最安プラン」を契約
・「クレジットカード」払い
・「My Broadサポート」に加入
・「安心サポートプラス」に加入
内容:
・初期費用18,857円が無料
※登録手数料を除く
※更新月まで契約を続けない場合は違約金9,500円

【ギガ放題 月額最安プラン】
0ヶ月目~2ヶ月目:月額2,726円
3ヶ月目~24ヶ月目:月額3,411円
※0ヶ月目:初月、端末受取月

【解約金】
0ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目(更新月):0円
26ヶ月以降:9,500円
※24ヶ月目(満了月)までの解約はキャンペーン違約金9,500円

【日割り】
加入:○
解約:×(月末まで契約)

【端末料金】
●WX03(NECプラットフォームズ)
0円
※ACアダプタ:1,800円

【初期費用】
登録手数料:3,000円

【費用の総額】
88,570円
※25ヶ月間(2年契約)
※月額換算:約3,543円

初期費用18,857円が無料になるキャンペーンに参加するには、「ギガ放題 月額最安プラン」を選ぶ必要があります。

他にも、「ギガ放題 ベーシックプラン」などがあるので、間違えないようにしてください。

ルーターは無料ですが、ACアダプタは1,800円です。

「My Broadサポート」「安心サポートプラス」への加入は、キャンペーンの必須条件です。

「My Broadサポート」は、PCサポート、メールサービス、セキュリティソフトとなっています。

かなり、ネット初心者の方のためのサービスであり、正直不要です。

月額907円しますが、最大2ヶ月(1ヶ月目まで)が無料で、この期間でも解約できるそうなので、ルーターが届いたらすぐに解約する事をお勧めします。

「安心サポートプラス」は、ルーター保証サービスです。

通常使用による故障水濡れによる故障修理費が無料になります。

月額550円です。

正直、ルーターはAmazonなどで、約1万円で購入できるので、このサービスも不要です。

このサービスも、ルーターが届いたらすぐに解約する事をお勧めします。

初月でも、日割り無しで550円の料金が発生しますが、それはしょうがないです。

費用の総額も、「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」を、初月に解約する前提で計算しています。

解約金についてですが、サービス自体の解約金と、キャンペーンの違約金は別物なので、そこは注意してください。

それでは、契約する手順に従って、説明していくので、まず下記のリンクをクリックしてください。

Broad WiMAX

どこのページからでも良いのですが、“お申し込みフォーム”と最初に書いてあるページに遷移してください。

契約の手順について

ご希望商品の選択

“端末の選択”は、「WX03(NECプラットフォームズ)」を選んでください。

“カラーの選択”は、好きなカラーを選んでください。

“クレードルの有無”は、購入を希望しなくて良いです。

クレードルとは、ルーターを置ける台で、はっきり言って不要です。

“充電器の有無”は、購入を希望してください。

充電器(ACアダプタ)は付属されていないので、ここで同時購入すべきです。

“モバイルバッテリーの有無”は、購入を希望しなくて良いです。

「WX03(NECプラットフォームズ)」は、モバイルバッテリーが無くても電池が持つようなルーターなので、大丈夫です。

必要があれば、Amazonで好きな物を購入すれば良いだけです。

料金プランの選択

“プラン種別の選択”は、「ギガ放題プラン」を選んでください。

「ライトプラン」だと、月に7GBを使った段階で、月末までスマホと同じような速度制限がかかるので、必ず「ギガ放題プラン」を選んでください。

“月額料金プランの選択”は、「ギガ放題月額最安プラン」を選んでください。

他のプランだと、キャンペーン対象外になってしまうので、必ず「ギガ放題月額最安プラン」を選んでください。

“お支払い方法の選択”は、「クレジットカード」を選んでください。

「口座」を選ぶと、キャンペーン対象外になってしまうので、必ず「クレジットカード」を選んでください。

オプションの選択

“セット商品の選択”は、購入したい商品があれば選んでください。

ただし、基本的には不要です。

“サポートオプションの選択”は、「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」の両方を選んでください。

片方でも加入しないと、キャンペーン対象外になってしまうので、必ず両方とも選んでください。

お申込み内容

“お申込み内容”を見て、“初期費用”が0円になっている事を、必ず確認してください。

あとは、お客様情報などを入力して、契約を完了させてください。

まとめ

「WX03(NECプラットフォームズ)」は、現在発売されている機種の中で、一番お薦めの物です。

ディスプレイが、非常に大きく、カラフルで見易いです。

しかも、タッチパネルになっています。

直近3日間で、自分が設定した通信量を超えた場合に、スマホに通知が来るようにもできます。

バッテリーが少なくなった時にも、通知が来ます。

本当に使い易い端末が登場しました。

私は、前作の「WX02」を利用しているので、これから「WX03」を契約して利用できる人が正直うらやましいです!

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - WiMAX