本家の「UQ WiMAX」を解説!契約する前の疑問を解決

      2017/03/07

uq-wimax-honke

本家の「UQ WiMAX」で契約を検討されている方が、これを読むと疑問が解決するような記事になっています。

契約内容を、詳しく解説していきます。

また、キャッシュバックを含めて支払う費用の総額についても、計算します。

まずは、下記のリンク先を見に行ってください。



【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

このリンクは、「UQ WiMAX」の運営会社であるUQコミュニケーションズさんと特別な契約をしている人だけが、載せる事が許されている特別なリンクです。

どこが“特別”かと言いますと、商品券15,000円が貰えるようになっています。

普通にGoogleなどで検索して公式サイトから契約する場合、このようなキャッシュバックは一切ありません

なので、このリンク先で契約した方が、お得です。

多くのプロバイダさんでも、同じように、広告の戦略として、特別なリンクをブロガーさん達に提供しています。

今回は、このリンク先で契約する事を前提に、説明をしていきます。

契約する前に

ルーターはお決まりですか?

どこのプロバイダでも、契約するには、自分でルーターを選ぶ必要があります。

おそらく決まってらっしゃると思いますが、決まっていないなら、最新機種から選ぶ事をお勧めします。

理由は、旧機種の改良版が新発売されている状態だからです。

現在の最新機種は、下記の2つです。

・W04(Huawei)
・WX03(NECプラットフォームズ)

「NECプラットフォームズ」と「Huawei」の2社が、ほぼ同時期に新機種を発売している状態です。

私のお薦めは、「WX03(NECプラットフォームズ)」の方です。

「W04(Huawei)」では、auのLTEが利用できるメリットがあります。

しかし、これを利用すると、「月間7GB制限」が発動する可能性があります。

この速度制限は、スマホの7GBプランで、7GBを使い切った時と同じような速度制限です。

せっかく、モバイルWi-Fiルーターを利用しているのに、速度制限を受けたスマホになってしまったら、意味が無いですよね。

「WX03(NECプラットフォームズ)」で、次に説明する最新プラン「ギガ放題」で契約すれば、「月間7GB制限」は関係ありません。

また、こちらの機種の方が、電池が長持ちします。

さらに、直近3日間に近づいた時電池の残量が少なくなった時に、スマホに通知してくれる機能も付いています。

圧倒的に、「WX03(NECプラットフォームズ)」の方が、お薦めです。

別に、「W04(Huawei)」も、デザインは素敵だし、機能的に悪い機種ではないですので、契約してももちろん問題はないですよ。

さて、以下の説明では、最新機種のどちらかで契約する事を前提にします。

プランは「ギガ放題」がお薦め

分かっている人が多いと思いますが、プランは最新プラン「ギガ放題」を選んだ方が良いです。

他のプランでは、「月間7GB制限」が普通に存在するからです。

「ギガ放題」で、auのLTEを利用しなければ、「月間7GB制限」は関係ありません。

今回は、「ギガ放題」で契約する事を前提に、説明していきます。

それでは、本題に入っていきます。

金額の表記は、全て税別です。

UQ WiMAX



【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

【キャンペーン】
期間:2月1日~3月31日まで
内容:
●W04(Huawei)
・15,000円商品券(JCBギフトカード)
●WX03(NECプラットフォームズ)
・15,000円商品券(JCBギフトカード)
※発送時(2ヶ月目の月末まで)に解約していたら無効

キャンペーンは、機種以外には、特別な条件はありません

JCBギフトカードは、初月を1ヶ月目として、2ヶ月目の月末までに発送されます。

違約金は無いですが、発送の時に解約していた場合、当然無効になります。

多くのプロバイダでは、キャンペーンなどで、ルーターは無料ですが、ここは有料です。

【端末料金】
●W04(Huawei)
2,800円
※充電器:2,750円
●WX03(NECプラットフォームズ)
2,800円
※充電器:1,800円

有料と言っても、かなり安いので、ほとんど気になりません。

あと、充電器(ACアダプタ)は、別売です。

と言っても、契約の申し込みページで、契約と同時に購入申し込みができます。

また、「W04(Huawei)」「WX03(NECプラットフォームズ)」とでは、別の充電器なので、料金が異なります。

「ギガ放題」の月額料金などは、このようになっています。

【ギガ放題】
1ヶ月目~3ヶ月目:月額3,696円
4ヶ月目~25ヶ月目:月額4,380円
※1ヶ月目:初月、端末受取月

【解約金】
1ヶ月目~13ヶ月目:19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目(満了月):14,000円
26ヶ月目(更新月):0円
27ヶ月目以降:9,500円
※満了月の月末でも0円
※キャンペーン違約金は無し

【日割り】
加入:○
解約:○

【解約方法】
・電話で連絡
・書面の送付
※月末解約の受付最終日は不明

【初期費用】
登録手数料:3,000円

解約金について、普通は26ヶ月目(更新月)のみ解約金はかからないですが、ここは25ヶ月目(満了月)の月末もかかりません。

なので、早く解約したい方は、25ヶ月目(満了月)の月末に解約した方が良いです。

ただし、何日までに解約を申し出れば、月末の解約にしてくれるかは不明です。

解約方法の一つは電話連絡なので、月初めなど、早目に電話する事を勧めます。

次に、このプロバイダで一番の特徴である保証サービスについて説明します。

●端末補償サービス

端末補償サービス|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+端末補償サービス|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

 
【特徴】
・月額380円(初月無料)
・新規加入時のみ申し込み可能
・クレードルなどの付属品は補償対象外
・故障時などにリフレッシュ品と有料で交換
・交換は1年に2回まで

【故障時など】
・自然故障(通常使用による故障)
・部分破損
・全損
・水濡れ
・火災による焼失
・盗難
・紛失
※軽微な故障や自然災害は対象外

【交換料金】
初回:3,300円
2回目:5,300円
※自然故障の1年目はメーカー保証期間中で無料

【申請手順】
・電話で連絡
・リフレッシュ品が届く
・今まで使っていたルーターを返送

「端末補償サービス」というサービスです。

ルーターが故障した時に、リフレッシュ品と有料で交換してもらえます。

ただし、自然故障の1年目だけは、無料です。

故障した場合、auショップに持ち込むのが普通なのですが、このサービスを利用している場合は、UQコミュニケーションズさんに直接電話します。

このサービスの素晴らしいところは、UQコミュニケーションズさんがリフレッシュ品を郵送してくれるところです。

故障の修理なんて、いつ終わるかわかりません。

しかし、電話して郵送してもらえるので、それを待つ必要がないからです。

契約時にルーターを発送する際は、最短で申し込み当日のプロバイダなので、かなり期待できます。

基本的な事は、以上です。

それでは、契約する手順に従って、説明していくので、まず下記のリンクをクリックしてください。

【WiMAX2+】モバイルネットの最強へ。

“キャンペーンへのお申込みはこちら”をクリックして、“UQ Flat ツープラスでお申し込み”をクリックしてください。

契約の手順

ルーターは、「W04(Huawei)」「WX03(NECプラットフォームズ)」を選んでください。

カラーは、好きな方を選んでください。

クレードルは、選ばなくて良いです。

クレードルとは、ルーターを置ける台で、はっきり言って不要です。

お申し込み区分は、“個人のお客様”を選んでください。

料金プランの選択は、「UQ Flat ツープラス ギガ放題」を選択してください。

“auスマートバリュー mine”とは、携帯をauで契約している人が、WiMAXを契約すると、auの月額使用料が安くなるサービスです。

auで契約されている方は、ご自身の契約プランが対象のプランか確認して、対象だった場合は、この契約後に手続きを行ってください。

“その他オプションの申込み”について、説明します。

先ほど説明した「端末補償サービス」は、選択する事を強く勧めます

契約時のみ加入可能なので、注意してください。

「WEBROOT」は、セキュリティソフトですが、特別な理由がない限り、選択しなくて良いです。

あとは、“お申込み”をクリックして、個人情報などを入力して、契約を完了させてください。

ACアダプタ(充電器)の購入

実は、ACアダプタ(充電器)は、何故か別売です。

公式通販サイトで、購入する必要があります。

●W04(Huawei)
UQアクセサリーショップ:TypeC共通ACアダプタ01U
価格:2,750円(税別)

●WX03(NECプラットフォームズ)
UQアクセサリーショップ:共通ACアダプタ05
価格:1,700円(税別)

端末によって、対応のACアダプタが異なるので、気を付けてください。

これが無いと充電できないので、契約した際は、すぐに購入してください。

2年契約(25ヶ月間)の費用の総額

2年契約(25ヶ月間)で支払う費用の総額を、計算します。

「端末補償サービス」には、加入する事とします。

充電器は、契約と同時に申し込む事とします。

計算すると下記のようになります。

【費用の総額】
●W04(Huawei)
110,498円
※月額換算:約4,420円
●WX03(NECプラットフォームズ)
109,448円
※月額換算:約4,378円

まとめ

費用の総額は、少し高いです。

しかし、本家ならではの安心感があります。

保証サービスでは、故障した時でも、他社よりも早く利用が再開できます。

契約時のルーターの発送は、最短で申し込み当日というスピード感もあります。

費用以外の部分では、非常に価値があるプロバイダです。

私もここで契約しています。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - WiMAX