近くだと音楽が鳴る!距離が一目でわかる落し物追跡タグ「Tile」

   

tile-discovery-music

スマホで落し物を追跡できる落し物追跡タグ「Tile(タイル)」を紹介します。

機能は、落し物や忘れ物、紛失物を探せます。

多くの落とし物追跡タグでは、紛失物を防止するような機能がありますが、これにはありません。

シンプルさを追求しています。

使い方は、スマホアプリと連携させ、アプリを操作するだけです。

それでは、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

Tile(タイル)

 
●Amazon
Tile(タイル) iPhone/Andoroid 携帯GPS Bluetooth 鍵、財布、貴重品等の紛失防止・盗難対策 - 日本語説明書付属 30日間保証(簡易包装版) [並行輸入品]

【スペック】
重量:ペンと同じくらい
大きさ:直径37mm×厚さ5.3mm
バッテリー:約1年
対応OS:Android(4個)/iOS(8個)
接続方法:Bluetooth
接続範囲:約30.5m

【機能】
●接続範囲内
・Tileの音楽を鳴らせる
・Tileまでの距離(単位はm)
●接続範囲外
・接続が切れた時のTileの場所を地図で表示

【特徴】
・シンプル
・Androidの場合は4個のTileと連携可能
・iOSの場合は8個のTileと連携可能
・電池は取替え不可能
・防水機能

公式サイト:How It Works - Tile - Never Lose Your, Keys, Wallet Or Anything Again

重さは、公式サイトで“ペンと同じくらい”という内容が、英語で書かれていました。

バッテリーは1年持ちますが、電池の交換はできません。

1年経ったら商品も改良されているので、最新版の物を買って欲しいみたいです。

機能は非常にシンプルです。

アプリで、連携しているTile一覧を確認できます。

その一覧に、それぞれのTileへの距離が、m単位で表示されています。

接続範囲内(約30.5m)にあるTileか選び、「Find」というボタンを押すと、アプリがそのTileを探します。

検知したら、「Find」ボタンから「Done」ボタンに変わり、そのTileから音楽が鳴ります。

この音楽を止めるには、「Done」を押す必要があります。

接続範囲外のTileの場合、アプリとそのTileの接続が切れた時のTileの場所を、地図で表示してくれます。

注意して欲しい事は、“接続が切れた時のTileの場所”なので、その後に誰かが、そのTileが付いた鍵などをどこかに運んでしまった場合、地図で表示された場所に行っても、その物は無いという事です。

接続が切れた後の動きは、わからないという事です。

アプリの操作については、下記の動画が分かり易いです。

1:10からアプリ操作です。

この商品の売りとして、「自分の紛失物を他のTileユーザーに知らせて協力してもらえる!」みたいな事を見かけますが、それはユーザーが相当増えないと無理だと思います。

現状の日本では、シンプルさが一番の売りになると思います。

シンプルさよりも、多機能さに魅力を感じる方は、次に紹介する物がお薦めです。

スポンサーリンク

お薦めの落し物追跡タグ「FIND(ファインド)」

 
●Amazon
『新色カラー登場!!』 Bluetooth4.0対応 紛失防止タグ スマホアプリでブザーまたはMAPでお知らせ FIND

【スペック】
重量:8g
大きさ:直径38.6mm×厚さ6.4mm
バッテリー:約6ヶ月
対応OS:Android(1個)/iOS(8個)
接続方法:Bluetooth
接続範囲:約50m

【機能】
●接続範囲内
・FINDのブザーを鳴らせる
・追跡範囲を設定できる
※2~4mまたは24~32mの2択
●追跡範囲内から範囲外へ
・スマホに通知と警告音
※警告音は手動で消せる
・FINDのブザーが鳴る
※範囲内に入れば自動的に消える
※範囲内に入らない場合は1分間で消える
●接続範囲外
・接続が切れた時のFINDの場所を地図で表示

【特徴】
・iOSの場合は8個のFINDと連携可能
・色は全4色
・電池は取替え可能
・防水機能
・裏面に両面テープ付き

操作ガイド(PDFファイル):取扱説明書

Tileと同じような商品ですが、こちらの方が多機能です。

例えば、追跡範囲を設定して、その範囲外に出た場合に、スマホやFINDから音が鳴って、教えてくれる事です。

紛失物を防止してくれる機能です。

個人的には、探す以前に、失くさない事が大事なので、この機能が必要だと思います。

接続範囲も、Tileは約30.5mですが、FINDは約50mと長いです。

最初から両面テープが付いていて、簡単にパソコンなどに貼り付ける事ができます。

また、電池も取り替えれます。

ただし、Androidの連携個数が、Tileの場合は4個ですが、FINDの場合は1個なので、その点はデメリットです。

しかし、総合的には多機能なので、FINDの方が優秀だと思います。

さらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

iOSは8個連携可能!パソコンに貼れる落し物追跡タグ「FIND」

まとめ

TileとFINDは、形が似ていて、競合関係だと思います。

シンプル派はTileを、多機能派はFINDの方が良いと思います。

個人的には、紛失防止機能があるFINDがお薦めです。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - 落し物追跡タグ