野菜嫌いの子供には「こどもバナナ青汁」を飲んでもらうのが解決策

   

kodomo-banana-aojiru

子供の野菜嫌いは、昔からずっと問題になっています。

どれだけ月日が経っても、なくなりません。

悩んでいるお母さんは、多いと思います。

スポンサーリンク

この解決方法として、お母さんが挑戦してみるのが、「わからないように料理に入れる」だと思います。

この方法は有効で、結構分からずに食べてもらう事ができると思います。

しかし、大きな問題点があります。

それは、「子供が嫌いな野菜は複数あり、全てを料理に組み込む事は難しい」という事です。

ピーマン、にんじん、なす、しいたけ、たまねぎ、…

例を挙げていたら、キリがないです。

ただでさえ、料理に組み込むのは難しいのに、自分の子供がたくさんの野菜が嫌いな場合、どうしようもありません。

また、トマトやレタスのように、「そもそも料理に組み込みのが難しい」場合もあります。

お母さんによっては、「嫌いでも食べなさい!」と、強引に食べさせる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これは人道的に良くないですし、根本的な解決になっていません。

スポンサーリンク

最終的に、「野菜ジュース」に行き着くお母さんも多いかもしれません。

しかし、これには添加物や保存料が入っています。

子供が飲むには、危険であり、これで大きな病気になったら、本末転倒です。

そこで、私が提案する解決策は、「こどもバナナ青汁」という青汁を飲んでもらう事です。

これは、最近発売された商品で、保存料と人工甘味料が入っておらず、糖分には黒糖が使用されています。

黒糖を使用する事により、自然な甘みを実現しています。

バナナ×黒糖で、子供でも非常に飲みやすい青汁になっています。

それでは、詳しく紹介していきます。

こどもバナナ青汁



【こどもバナナ青汁】

【特徴】
・国産大麦若葉を使用
・配合食物は野菜13種類とフルーツ6種類
・50種以上の栄養素を含むスピルリナを配合
・乳酸菌とビフィズス菌を配合
・黒糖で自然な甘み
・保存料と人工甘味料を不使用
・94.1%の子供が「おいしい」と回答

大麦若葉に加えて、野菜13種類とフルーツ6種類が入っているので、野菜嫌いによる栄養不足は、心配しなくなると思います。

別に、嫌いな野菜を全部摂取する必要はないのです。

野菜嫌いによる人体への悪影響は、栄養不足なので、それが解消されれば問題ありません。

この商品は、栄養不足になりにくいように、野菜やフルーツが厳選されています。

スピルリナとは、50種類以上の栄養素を含む藻(も)の事です。

最近、健康食品への利用が大変注目されており、栄養吸収率は95%もあります。

乳酸菌とビフィズス菌には、腸内の環境を正常にする働きがあります。

愛用者の方へアンケートの結果、94.1%の子供が「おいしい」と回答した商品です。

購入について

【購入方法】
・通常購入(単品)
・元気モニターコース(定期)

【送料】
沖縄県以外:500円
沖縄県:1,500円

【支払い方法】
・クレジットカード
・「コンビニ」「銀行」「郵便局」払い
・代金引換

購入方法は、2種類です。

通常購入の方は、1箱(30包入り)で、5,940円(税込)します。

しかし、元気モニターコースの方は、定期購入ですが、初回は980円(税込)で購入できます。

また、2回目以降も、35%OFFの3,880円(税込)で購入できます。

さらに、「60日間返金保証」もあります。

初めての利用限定で、初回注文日から60日間以内に、電話で解約の連絡を入れれば、全額が返金される保証です。

ただし、2回目の配送までは必須なので、それまでは待ってください。

2回目の配送完了後、初回注文日から60日間以内であれば、大丈夫です。

元気モニターコースは、毎月先着100名様限定なので、注意してください。

【こどもバナナ青汁】

まとめ

子供の野菜嫌いは、大抵の場合、大人になる過程でなくなってしまいます。

問題なのは、子供の時の栄養不足です。

これを解決するために、「こどもバナナ青汁」は、試す価値があると思います。

実際に飲んだ後に、「こんな野菜が入ってるんだよ」と教えてあげれば、子供の自信にも繋がると思います。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - 生活