見失ったリモコンを素早く発見できる「Click 'N Dig Key Finder」

   

clickndig-key-finder

見失ったリモコンなどを素早く発見できるタグ「Click 'N Dig Key Finder」を紹介します。

スマホと連携するタイプではありません。

受信機と送信機が存在する、非常にアナログなタイプです。

しかし、Amazonでのレビューで、かなりの高評価を得ているので、あなどれません。

それでは、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

Click 'N Dig Key Finder

●受信機2個

 
●受信機4個

 
●受信機6個

 
【スペック】
通信距離:最大24m
音量:最大90dB
●受信機
バッテリー:約6ヶ月
●送信機
バッテリー:約12ヶ月

【機能】
・送信機のボタンを押して受信機のブザーを鳴らす

【特徴】
・キーリング受信機と薄い受信機の2種類
※「受信機2個」には薄い受信機は無い
※「受信機2個」以外は半分が薄い受信機
※薄い受信機には両面テープ付いてくる
・スマホ連携ではない
・電池は取替え可能

公式サイト:Click N' Dig Item Finder

機能は、非常にシンプルです。

送信機のボタンを押すと、受信機のブザーが鳴るので、それで失くした物の場所がわかります。

受信機2個は、2個ともキーリング受信機です。

キーリング受信機は、鍵などと輪で繋げるタイプです。

受信機4個と受信機6個は、半分が薄い受信機です。

薄い受信機は、パソコンなどの平面部に貼り付けれます。

キーリング受信機、薄い受信機ともに、財布などの中に入れる事は可能です。

基本的な使い方は、室内で見失ったリモコンや鍵を探す事です。

通信距離は最大24mなので、送信機を持ち運べば、室外でも使えると思います。

非常にアナログなシンプルな商品なので、スマホを利用していない方にお薦めです。

ご高齢の方や、認知症の方にプレゼントすると、喜ばれる商品です。

スマホ連携の落し物追跡タグをお探しの方には、次に紹介する商品がお薦めです。

スポンサーリンク

お薦めの落し物追跡タグ「FIND(ファインド)」

 
●Amazon
『新色カラー登場!!』 Bluetooth4.0対応 紛失防止タグ スマホアプリでブザーまたはMAPでお知らせ FIND

【スペック】
重量:8g
大きさ:直径38.6mm×厚さ6.4mm
バッテリー:約6ヶ月
対応OS:Android(1個)/iOS(8個)
接続方法:Bluetooth
接続範囲:約50m

【機能】
●接続範囲内
・FINDのブザーを鳴らせる
・追跡範囲を設定できる
※2~4mまたは24~32mの2択
●追跡範囲内から範囲外へ
・スマホに通知と警告音
※警告音は手動で消せる
・FINDのブザーが鳴る
※範囲内に入れば自動的に消える
※範囲内に入らない場合は1分間で消える
●接続範囲外
・接続が切れた時のFINDの場所を地図で表示

【特徴】
・iOSの場合は8個のFINDと連携可能
・色は全4色
・電池は取替え可能
・防水機能
・裏面に両面テープ付き

操作ガイド(PDFファイル):取扱説明書

iPhoneだと、8個のFINDと連携できる優れ物です。

しかも、追跡範囲を設定して、その範囲から出たら、スマホやFINDから音が鳴って知らせてくれます。

「スマホだけ鳴る」「FINDだけ鳴る」「両方とも鳴る」など、細かく設定できます。

また、アプリとFINDとの接続が切れた時のFINDの場所を、アプリ内の地図で確認できます。

ただし、接続が切れた後に、誰かがそのFINDが付いた鍵などをどこかに運んでしまった場合、その地図の場所に行っても、その物はありません。

つまり、接続が切れた後の事は、わからないという事です。

落し物追跡タグの中でも優秀な商品なので、非常に人気です。

もっと詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

iOSは8個連携可能!パソコンに貼れる落し物追跡タグ「FIND」

まとめ

スマホを利用する方は、FINDがお薦めです。

しかし、ご年配の方など、スマホを利用しない方には、「Click 'N Dig Key Finder」が喜ばれると思います。

ご両親へのプレゼントとしても、結構選ばれているようです。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - 落し物追跡タグ