審査が通る?LINEスタンプの制作代行サービス「STAMP FACTORY」

      2016/04/11

linestamp-agent-service

LINEスタンプ個人で販売できるようになりました。

しかも、クリエイター側に入ってくるお金は、販売額の50%です。

つまり、半分です。

スポンサーリンク

LINEのスタンプを製作するには、実は40種類のスタンプを作らなければなりません。

また、それに加えて、トークルームタブ画像と、40種類のスタンプの商品メイン画像を作らなければなりません。

合計42枚の画像必要です。

詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

制作ガイドライン

この事を知らない人が多いと思います。

「よし!自分でスタンプ作って儲けるぞ!」

っていきこんでも、これを知って辞める人もいるでしょう。

また、頑張って作っても、審査が通らない場合もあります。

この審査が、結構な難関らしいです。

ここで、挫折する人もいるようです。

しかし、そんな事で夢を諦めるのは勿体ないです。

その中には、本当にデザインセンスがある人もいると思います。

実は、そんな方のために、LINEスタンプ代行サービスというものがあります。

スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、「STAMP FACTORY(スタンプファクトリー)」というサービスです。

このサービスでは、必要な42枚の画像の制作と、審査に通るようなマニュアルを提供して貰えます。

しかも、9万8千円(税込)という格安な値段で、利用する事ができます。

他社の場合、20万円くらいはするので、かなり安いと思います。

それでは、詳しくご紹介します。

STAMP FACTORY(スタンプファクトリー)



あなたのイメージをLINEスタンプにしよう!!

【特徴】
・9万8千円(税込)
・個人、法人どちらでも
・自分のイメージを伝えるだけ
・100個以上の実績
・プロのクリエイター
・著作権は全てお客様のもの
・審査を通すためのマニュアル
・審査に落ちた際の修正が無料
・審査に3回以上落ちた場合は全額返金

まず、半金の4万9千円を支払います。

自分のイメージを伝えて、サンプルを作成してもらいます。

5~10日で作成できるそうです。

サンプルを確認後、残りの4万9千円を支払います。

そして、42枚の画像を製作してもらい、審査にかけます。

審査に何回落ちても、その修正料金は無料です。

また、3回以上落ちた場合は、全額返金されるそうです!

今まで3回以上落ちた事は無いそうですが、太っ腹です。

審査に通れば、販売開始です。

売り上げの50%はLINEの儲けになりますが、残った50%は全て貴方のものです。

ここまで、個人を対象にした書き方をしてきましたが、法人の外注としても利用できます。

まずは、リンク先の「無料お申し込み・お問い合わせはこちら」から。

レベニューシェア

実は、スタンプファクトリーと共同で制作するプランもあります。

それが、「レベニューシェア」です。

【特徴】
・39,800円(税込)
・最初に全額を一括で払う
・売り上げは折半
・著作権は共同著作権

値段が安くなる代わりに、売り上げが折半になるプランです。

ここに書いてある特徴以外は、先ほどとほとんど同じです。

お金よりも自分の創造を世に出したい方は、こちらのプランの方が良いと思います。

まずは、リンク先の「業界最安値39,800円レベニューシェアで制作したい方はこちら」から。

まとめ

約10万円または約4万円で、自分のイメージをスタンプしてくれるスタンプファクトリー。

少し前に、ニコニコ動画でクリエイターが稼げる「ブロマガ」が登場し、クリエイターが自分で稼ぐ道が開けました。

そして、LINEのスタンプで、さらにその道が広がりました。

好きな事で食べて行くという事は、多くの人の憧れです。

星空うまうまのLINEスタンプ物語星空うまうまのLINEスタンプ物語

 
これは、1人のクリエイターがLINEスタンプ販売で、四苦八苦するブログです。

これから挑戦しようとしている人は、特に必見です。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - エンタメ