[iPhone 6]落下に強い耐衝撃ケース「Ballistic(バリスティック)」

      2015/03/16

iphone6-case-ballistic

スマホケースにおいて、“最強の耐衝撃”を自称しているメーカー「Ballistic(バリスティック)」を、ご紹介します。

色んな耐衝撃のスマホケースを見ていますが、これほど何層にも渡って加工してあり、頑丈そうな物は無いです。

また、防塵までなされている物や、加工度合いに違いがあったりと、いくつかのバリーションがあります。

スポンサーリンク

Ballistic(バリスティック)の凄さ

どんな会社?

Ballistic社は、米国マイアミに本社があり、世界中で愛用されているスマホケースの会社です。

どんな特色が?

スマホが落下する場合、着地する部分は、四隅です。

Ballisticでは、この四隅を耐衝撃性のシリコンバンパーで保護しています。

また、四隅が少し大きくなっているので、画面を下にして地面に置いた場合、画面が地面に触れないような作りになっています。

耐衝撃の実力は?

落下に耐えられる距離は、約2.0mです。

素材にもこだわりがあって、人間工学に基づいて、ハードだがそれほど硬すぎない含有物を使用しています。

数多くのテストを実施しています。

・落下テスト
・滑りテスト
・ひっぱりテスト
・圧着テスト
・耐久テスト
・ポケットからの何千回にもわたる出し入れ

デザイン性は大丈夫?

機能重視なのに、デザイン性を損なわないように、設計されています。

軍事用品のデザインに10年以上関った実績があります。

公式サイト:BALLISTICとは

スポンサーリンク

ケースのみのシンプルタイプ

Ballistic「TOUGH JACKET SERIES iPhone6」

ブラック

 
●Amazon
正規総代理店 BALLISTIC iPhone6 TOUGH JACKET SERIES ブラック×ブラック 耐衝撃ケース
 

ホワイト

 
●Amazon
正規総代理店 BALLISTIC iPhone6 TOUGH JACKET SERIES ブラック×ホワイト 耐衝撃ケース
 
【スペック】
・iPhone6用
・耐衝撃
・約1.8mの耐落下性能
・ケース装着によって、カメラ、ボタン、イヤホンジャックなどを邪魔しない

【構造】
・シリコンケース
・ハードケースカバー
※画面保護は無い

シリコンケースに、ハードケースカバーはめるだけのシンプル構造です。

日常的に気軽に使用できます。

画面保護はありませんが、衝撃によって割れる可能性があるのは、約1.8m以上からの落下です。

普段、iPhoneを落として、よく画面を割っている人に、お薦めです。

サイトには、“3層構造”と書いてあって、「3個の部品でケースを組み立てるの?」と誤解されるかもしれませんが、違います。

部品は、合計で2個です。

●YouTubeのレビュー動画

防塵ありのシンプルタイプ

Ballistic「EXPLORER SERIES iPhone6」

ブラック

 

ホワイト

 
●Amazon
Ballistic Case 【 日本正規総代理店 】 アイフォン6 4.7インチ 対応 耐衝撃ケース! Ballistic EXPLORER SERIES iPhone6 au Docomo ドコモ SotBank ソフトバンク ケース (ブラック×ブラック)
 
【スペック】
・iPhone6用
・耐衝撃、防塵
・約2.4mの耐落下性能
・ケース装着によって、カメラ、ボタン、イヤホンジャックなどを邪魔しない

【構造】
・ハードケース
・スクリーンプロテクター

ハードケースに、画面を守るスクリーンプロテクターを取り付けるタイプです。

スクリーンプロテクターにより、防塵機能があります。

スクリーンプロテクターは、ケースにiPhone 6を装着し、上から被せてはめ込むだけです。

防塵ですが、シンプルな構造です。

野球場や学校のグラウンドなど、砂ぼこりがある場所で、iPhoneをいじる人にお薦めです。

●YouTubeのレビュー動画

防塵特化の重装備タイプ

Ballistic「TOUGH JACKET MAXX SERIES with Holster iPhone6」

ブラック

 
●Amazon
正規総代理店 BALLISTIC iPhone6 Plus TOUGH JACKET MAXX SERIES ブラック×ブラック 耐衝撃+防塵ケース
 

ホワイト

 
●Amazon
正規総代理店 BALLISTIC iPhone6 TOUGH JACKET MAXX SERIES ブラック×ホワイト 耐衝撃+防塵ケース
 
【スペック】
・iPhone6用
・耐衝撃、防塵
・約2.1mの耐落下性能
・ケース装着によって、カメラ、ボタン、イヤホンジャックなどを邪魔しない

【構造】
・シリコンケース
・ハードケースカバー
・スクリーンプロテクター
・ホルスター(ベルトクリップ付き)

スクリーンプロテクターは、市販されているハードタイプの保護シートのような物です。

先ほどの「EXPLORER SERIES iPhone6」の物とは、全然違います。

なので、組み立て方が特殊です。

シリコンケースに、iPhone 6の上にスクリーンプロテクターを乗せた状態で、一緒に入れます。

そして、ハードケースカバーをはめます。

また、スクリーンプロテクターを守るためのカバーもあります。

このカバーが、ホルスターです。

ホルスターには、ベルトクリップが付いています。

これは、回転式なので、角度調整する事ができます。

ホルスターを付ければ、防塵に関しては完璧です。

しかし、耐落下性能は、先ほどの「EXPLORER SERIES iPhone6」が約2.4mだったのに対して、これは約2.1mと劣ります。

アウトドアが好きな人や、アウトドアファッションをされる方に、特にお薦めです。

●YouTubeのレビュー動画

本格アウトドア向け完全防御タイプ

Ballistic「HARD CORE SERIES iPhone6」

 
●Amazon
正規総代理店 BALLISTIC iPhone6 HARD CORE SERIES ブラック 耐衝撃ケース
 
【スペック】
・iPhone6用
・耐衝撃、防塵
・約3.6mの耐落下性能
・指紋認証機能対応
・ケース背面にスタンド機能
・スピーカーを耐水性メッシュで保護
・ケース装着によって、カメラ、ボタン、イヤホンジャックなどを邪魔しない

【構造】
・ハードケース
・シリコンケースカバー
・スクリーンプロテクター
・ホルスター(ベルトクリップ付き)

これは、今まで紹介した商品の集大成とも言うべき商品です。

イメージとしては、「EXPLORER SERIES iPhone6」にシリコンケースカバーが付いて、「TOUGH JACKET MAXX SERIES with Holster iPhone6」のホルスターも付いている感じです。

この製品特別な機能も豊富です。

指紋認証機能に対応していたり、ハードケースの背面にスタンド機能が付いています。

また、スピーカーを耐水性メッシュで守っています。

普通は、むき出しか隠れている状態です。

本格的にアウトドアをやる人には、マストなアイテムかもしれません。

「絶対に画面を割りたくない!」という方にも、お薦めです。

●YouTubeのレビュー動画

まとめ

日常生活で普通に使えるシンプルな物から、本格的なアウトドア向けの物まで。

様々な商品を取り扱っています。

耐衝撃・防塵ならBallisticで決まりです!

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - iPhoneケース