WiMAX 2+記者発表会!2月19日までに従来のHWD15を契約すべき!

      2016/04/11

wimax-pressrelease-20mbps

前から言われていた、UQ WiMAXの記者発表会が、2015年1月15日に行われました。

速報:UQ WiMAX 2+ 発表会。下り220Mbpsの ヤ倍速、容量無制限うたう ギガ放題、新ルータなど発表 - Engadget Japanese速報:UQ WiMAX 2+ 発表会。下り220Mbpsの ヤ倍速、容量無制限うたう ギガ放題、新ルータなど発表 - Engadget Japanese

 
「WiMAX 2+」について、衝撃の新サービス内容が発表されました。

「ヤ倍速」
「ギガ放題」
「ギガヤバ革命」

記者発表内容

ヤ倍速

ヤ倍速は、今後速度を倍々で上げていく事です。

110Mbps→220Mbps(今回実施)
220Mbps→440Mbps(次回予定)
440Mbps→1Gbps(2020年までの予定)

現在の「WiMAX 2+」の最高速度は、110Mbpsです。

今回の発表で、3月上旬から220Mbpsの速度が利用できるようになる事がわかりました。

ギガ放題

ギガ放題は、「月間7GB制限」を撤廃した新プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題」の事です。

提供開始日2015年2月20日(金)で、料金は月額4,380円(税抜)です。

月間7GB制限とは、1ヶ月間で7GB以上使用すると、翌月になるまで通信速度が送受信最大128kbpsになる制限の事です。

「これは革命だ!」と思われるかもしれませんが、そうでもありません

従来のプランである「UQ Flatツープラス」には、契約してから25ケ月間(2年縛り)は、そんな制限無かったですし、さすがにその期間が終わったら契約を変えるのが普通ですから。

しかも、「UQ Flatツープラス ギガ放題」では、“「月間7GB制限」を撤廃”と言ってますが、実は「ハイスピードプラスエリアモード」(「au 4G LTE」を使用するモード)を利用した場合、この制限は存在します。

このモードの利用中の通信量の合計が、1ヶ月間で7GB以上になると、適用されます。

「UQ Flatツープラス」と同じです。

また、「直近3日間3GB制限」存在するとの事です。

直近3日間3GB制限とは、当日を含まない直近の3日間で使用した通信量が3GBを超えている場合、翌日になるまで通信速度が遅くなる制限です。

2015年3月までは、制限されるのは「au 4G LTE」のみです。

2015年4月以降になると、「WiMAX 2+」も制限されます。

その通信速度は、700Kbps程度で、”YouTubeの標準画質が十分見れる程度”だそうです。

「UQ Flatツープラス」にも存在します。

今回の「UQ Flatツープラス ギガ放題」は、「UQ Flatツープラス」からの実質的には値上げだと思った方が良いです。

また、2015年2月20日(金)からの新規契約者には、「UQ Flatツープラス」に、契約してから25ケ月間(2年縛り)でも「月間7GB制限」が存在します。

安いからと言って、間違って「UQ Flatツープラス」を契約しないようにしてください。

まあ、間違ってもプラン変更が可能なので、冷静に対応してください。

プラン変更契約解除料無しで、適用は翌月からです。

UQ Flatツープラス 契約解除料について

速度制限についてUQの公式サイトで確認したい方は、下記の公式サイトのページが参考になります。

速度制限について

ギガヤバ革命

ギガヤバ革命は、「ヤ倍速×ギガ放題で革命的だ!」という事です。

いわゆる、キャッチフレーズです。

注目すべきはプランよりも端末

今回の発表で、一番注目すべきは、実は端末です。

というのも、「WiMAX 2+」が220Mbpsになっても、既存のWi-Fiルーターでは対応していないからです。

そして、今回、3つの新機種の発売が発表されました。

・Speed Wi-Fi Next W01(Huawei)
・Speed Wi-Fi Next WX01(NECプラットフォームズ)
・URoad-Home2+(シンセイコーポレーション)

「URoad-Home2+」は、固定回線の代わりになるような少し変わった端末なので、ここでは割愛します。

Huawei「Speed Wi-Fi Next W01」

「Speed Wi-Fi Next W01」は、私も使用している110Mbps機種「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」と同じメーカーHuaweiです。

これは、「WiMAX 2+(220Mbps)」「WiMAX 2+(110Mbps)」「au 4G LTE」が使用できます。

「WiMAX」使用できません

「HWD15」と同じように「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」があります。

ただし、通信方法キャリアアグリゲーション(CA)という特殊な方法で、220Mbpsが利用できるエリアは、2015年春より順次拡大していくそうです。

一番最初に利用できるのは、2月12日から栃木県真岡市周辺だけです。

つまり、「最初はほとんど利用できるエリアは無い」という事です。

220Mbpsが利用できないエリアでは、110Mbpsになるそうです。

まあ、110Mbpsでも十分ですけど、それではこの機種を買う意味があまり無いですよね。

1月30日発売で、1月16日から予約を受け付けています。

NECプラットフォームズ「Speed Wi-Fi Next WX01」

「Speed Wi-Fi Next WX01」は、110Mbps機種「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」と同じメーカーNECプラットフォームズです。

これは、「WiMAX 2+(220Mbps)」「WiMAX 2+(110Mbps)」「WiMAX」が使用できます。

「au 4G LTE」使用できません

2015年3月上旬発売で、これは発売と同時に220Mbpsが、「WiMAX 2+」のサービス対応エリアで使用できます!

下り最大220Mbpsについて

キャリアアグリゲーションではなく4x4 MIMOという通信方法を採用しているそうです。

つまり、すぐに220Mbpsを使用したいなら、「W01(Huawei)」ではなく、3月まで待ってこの「WX01(NECプラットフォームズ)」を買うべきという事です。

しかし!

この「WX01(NECプラットフォームズ)」220Mbps使用時の連続通信時間は、約6時間40分です。

約6時間40分…

これでは、ほとんど使えません…

かと言って、「W01(Huawei)」は220Mbpsの対応エリアが…

そこで、機種選びの賢い方法をお教えします。

機種選びの賢い方法

それは、2015年2月19日までに、110Mbpsの従来機種「HWD15(Huawei)」で契約する事です。

「えっ!?」

って思われるかもしれませんが、これが一番お薦めの方法です。

なぜなら、「WiMAX 2+」利用時連続通信時間が最大10時間50分と、めちゃくちゃ長いからです。

機種名 連続通信時間
HWD15(Huawei) 最大10時間50分
NAD11(NECプラットフォームズ) 最大約7時間
W01(Huawei) 最大約8時間
WX01(NECプラットフォームズ) 最大約6時間40分

 

新機種「W01(Huawei)」よりも約3時間も長く、「WX01(NECプラットフォームズ)」よりも約4時間長いです。

110Mbpsでも十分過ぎるくらい速いので、あとは電池の持ち具合、つまり連続通信時間で判断すべきなのです。

2月19日までに契約すれば、「ハイスピードプラスエリアモード」(「au 4G LTE」を使用するモード)を使わなければ、月間7GB制限は無いです

そして、「ハイスピードプラスエリアモード」は普通使用しません

また、「WiMAX」も使用できます。

2015年春から下りの最大通信速度が、40Mbps→13.3Mbpsになりますが。

実は、2015年春から直近3日間3GB制限による速度制限の対象に、「WiMAX 2+」も含まれるようになります。

それまでの速度制限の対象は、「au 4G LTE」だけでしたが。

これにより、日常的に「WiMAX 2+」を使用する事が難しくなります。

例えば、ある月の1日に「WiMAX 2+」で3GB以上使用した場合2日3日4日は、速度制限がかかります。

普通に使用できるのは、5日からです。

このように「WiMAX 2+」は、日常的に使えなくなるので、この「WiMAX」が重宝します。

「WiMAX」は、「月間7GB制限」と「直近3日間3GB制限」による速度制限が、現在行われる予定がありません。

しかも、この「HWD15(Huawei)」には、「WiMAX」専用のモード「ノーリミットモード」も存在するので、「WiMAX」を快適に利用できます。

私も、この端末の契約をしています。

私は、本家のUQ WiMAXで契約しました。

2月20日以降

2月20日以降でも、「HWD15(Huawei)」が、お薦めです。

理由は、「WiMAX 2+」利用時の連続通信時間電池が一番断トツで持つ事と、「WiMAX」専用の「ノーリミットモード」がある事です。

プランは、最新プランの「ギガ放題」にした方が良いです。

本家のUQ WiMAX



【WiMAX2+新端末登場!】商品券3,000円をプレゼント!

【特徴】
・「ギガ放題」が月額4,380円(2年間)
※課金開始月を含む最初の3ヶ月間は3,696円
・本家のUQコミュニケーションズ運営
・最短で申し込み当日に商品発送
・対応が良い

【日割り】
加入:○
解約:○

【解約金】
1ヶ月目~13ヶ月目:19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目:14,000円
26ヶ月目(更新月):0円
27ヶ月以降:9,500円

【端末料金】
●WX02(NECプラットフォームズ)
2,800円

【キャンペーン】
期間:2月1日~5月2日まで
内容:
●WX02(NECプラットフォームズ)
・10,000円商品券

一番の理由は、対応の良さです。

申し込んで、次の日には届きました。

他のプロバイダでは、最低でも4日くらいはかかるそうです。

故障した時早く対応して欲しいので、ここにしました。

故障した時に、カスタマーセンターから全然反応が無くスマホの通信量を買うとか嫌なので

キャッシュバックの量ではなく、対応の良さで決めました。

私が、契約した内容については、下記の記事を参考にしてください。

私が契約しているWiMAXのプロバイダ、ルーター機種、プランを解説

各ルーターの解説記事も、参考にしてみてください。

●「HWD15(Huawei)」
HWD15(Huawei)はWiMAX回線専門のノーリミットモードがある

●「W01(Huawei)」
W01(Huawei)はWiMAXが非対応だがauのLTEが使える

●「WX01(NECプラットフォームズ)」
WX01は220Mbpsがすぐ使える!省電力モードで電池が長持ち

まとめ

記者発表会の動画下記サイトに載っています。

WiMAX 2+ 新サービス・新デバイス発表会 1/15 11:00よりUstream中継実施!|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+WiMAX 2+ 新サービス・新デバイス発表会 1/15 11:00よりUstream中継実施!|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

 
結構長い記事になってしまいました。

すいません。

最後にもう一度言いますが、決断の日は迫っています。

2月19日までです!

追記1

今回の発表を受けて、新機種の比較賢い端末の選び方などを、まとめました。

【最新情報まとめ】WiMAXのお薦めのプロバイダ・賢い端末の選び方

また、初期費用が安い月額費用が安いキャッシュバックが豊富プロバイダを紹介し、本家のUQ WiMAXと共に比較しています。

追記2

2015年7月15日から、「直近3日間3GB制限」が行われている時の通信速度が、非常に上がりました。

その結果、YouTubeを見ても、止まらずに見れるようになりました。

UQコミュニケーションズからみなさまへのお知らせ|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX 2+

これによって、「WiMAX」や「ノーリミットモード」に、頼る必要がなくなりました。

「HWD15(Huawei)」も売り切れ状態なので、最新機種をお薦めします。

私のお薦めのルーターは、電池が長持ちする「Speed Wi-Fi NEXT WX02」です。

WX02はさらに電池が長持ち!「直近3日3GB制限」の確認もできる

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - ニュース