「DMMトーク」は電話回線を利用して通話料を半額にするアプリです

      2017/03/10

dmm-talk-app

DMMが、ついに通話料を半額にするアプリをリリースしました。

その名も、「DMMトーク」です。

もちろん、IP電話ではなく、電話回線を利用しています。

私も含め、「DMM mobile」ユーザーは、このタイプのアプリを、ずっと待っていました。

スポンサーリンク

と言っても、実は、このアプリは他社で契約している方でも、利用できます。

あの有名な「楽天でんわ」と同じタイプのサービスです。

楽天でんわ

というか、ほぼ同じです。

この2つのサービス以外にも、同じような見えるアプリは、たくさんあります。

しかし、それはそのMVNOで契約している人しか利用できないアプリです。

もしくは、「LINE電話」のように、IP電話なので使い物にならないです。

それでは、「DMMトーク」について、詳しく説明します。

DMMトーク

DMMトーク - 通話料が安くなる格安電話アプリ!DMMトーク - 通話料が安くなる格安電話アプリ!

 
【特徴】
・電話回線を利用
・現在の電話番号を利用
・ガラケーでも利用可能
※番号の先頭に「0037-692」
・相手には自分の番号のみ通知
・長押しで非通知発信が可能
・留守番電話の機能はない
・着信には利用できない

【料金】
・通話料が10円/30秒(税別)
・初期費用は無料
・月額基本料は無料
・クレジットカード支払いのみ
・マイページで通話明細を確認可能
・解約金なし

【自分の番号】
●利用可能
・090
・080
・070
●利用不可能
・050

【発信不可能な番号】
・フリーダイヤル(0120など)
・ナビダイヤル(0570など)
・3桁番号(110など)
※177のように先頭に市外局番を付けれる場合は可能

このサービスを利用するには、利用登録をして、クレジットカードを登録します。

つまり、このサービスをした場合は、通話料はDMMに支払います。

もちろん、“発信不可能な番号”に電話をかけた場合は、ご契約の電話業者に通話料を払う事になります。

そして、あとはアプリをインストールして、電話をかけるだけです。

アプリを利用しなくても、番号の先頭に「0037-692」を付けると、アプリを使った時と同じになります。

非常にお得なサービスですが、注意点もあります。

荷物の再配達には、大抵は「0570」を利用するので、半額にはなりません。

このアプリは、友達や家族と通話する時に、役に立つと思います。

ただし、家族間で通話無料のプランに入っているのであれば、逆に損をします。

そんな時のために、そういう人を除外する「除外リスト」という機能もあるので、安心して利用できます。

支払い方法は、クレジットカードのみです。

DMMポイントでの支払いについては、“現在のところご利用いただけません。”と公式ヘルプに書いてあります。

何か疑問などがあれば、下記の公式ヘルプで確認してください。

通話アプリ/格安通話 DMMヘルプ

「楽天でんわ」との違い

楽天でんわ

やはり、ほとんど同じです。

唯一、異なる部分は、楽天電話では、楽天スーパーポイントが、100円につき1ポイント貯まる事です。

DMMトークでも、DMMポイントが貯まったり、支払いに使えれば良いんですけどね。

先ほど言ったように、公式ヘルプの書き方だと、将来的には、支払いには対応するような期待が持てますけども。

「DMMトーク」と「楽天でんわ」に最適なMVNO

現在では、ほとんど全てのMVNOで、専用のアプリが作られて、「最初の〇分だけ無料になって、その後は通話料が半額になります」というサービスを、提供しています。

なので、実は、「DMMトーク」と「楽天でんわ」が活躍する機会が、非常に少ないです。

しかし、最近始まった「LINEモバイル」では、そのような通話が無料になるサービスが無いので、これらの電話アプリは非常に役に立ちます。

LINEモバイル

LINEモバイル

【特徴】
・カウントフリー標準装備
※プランによって対象が変わる
・LINEのID検索が可能
・データプレゼント
・契約者と利用者を分けて運用可能
・ドコモ回線

【主なオプション】
なし

【主なプラン】
●コミュニケーションフリープラン
3GB:1,690円
●MUSIC+プラン
3GB:2,390円

【解約】
最低利用期間:12ヶ月間
解約手数料:9,800円
※最低利用期間内の解約

【注意事項】
・無料通話オプションがない

カウントフリーは、通信容量を使い切った後でも、適用されます。

「コミュニケーションフリープラン」で、カウントフリーになる対象サービスは、下記です。

・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram

動画に関しては、タイムライン上に表示される、そのサービス公式の動画視聴の場合は、カウントされません。

つまり、YouTubeなどの外部サービスの埋め込み動画の場合は、カウントされてしまいます

また、下記のストリーミング配信に関しても、カウントされてしまいます

●LINE
LINE LIVE
●Twitter
Periscope
●Facebook
Facebook Live

「MUSIC+プラン」は、「コミュニケーションフリープラン」の対象サービスに加えて、「LINE MUSIC」も対象になるプランです。

【LINE MUSIC】

「LINE MUSIC」での操作や、ストリーミング視聴、ダウンロードは、全てカウントされません。

しかし、「音質-高」でのストリーミング視聴を長時間していると、速度制限を受ける可能性があります。

あと、もちろんですが、「LINE MUSIC」自体の月額料金などは、普通にかかります。

何がカウントフリーになるのか不明な点がある方は、下記の公式サイトの記事を参考にしてください。

カウントフリー機能に係る説明書

「データプレゼント」とは、LINEモバイルの利用者に、データ通信量を贈れるサービスです。

贈れるデータ通信量は、契約したプランの当月の通信容量の残量だけです。

下記のデータ通信量に関しては、贈る事ができません。

・前月からの繰り越し分
・データプレゼントで貰った分
・追加購入した分

“契約者と利用者を分けて運用可能”についてですが、これはお子様を持っている親御様向けの仕様です。

設定により、お子様を利用者にした場合、お子様はマイページにログインする事ができず、下記の事が可能です。

・データ残量の確認
・データプレゼント

設定方法など、詳しい事は、下記の公式ブログの記事を参考にしてください。

LINEモバイルのLINE公式アカウントで契約者連携&利用者連携をしよう : LINE MOBILE 公式ブログ

【総評】
SNS系がカウントフリーになるので、この業者で契約して、今回の電話アプリを利用すれば、かなり月額料金が安くなります。

LINEのサービスで、広告にも力を入れているので、爆発的に利用者は増えると思います。

DMM mobileの「5分かけ放題」について



【DMMモバイル】業界最安値水準

【特徴】
・業界最安値水準
・マイページが見易い
・ドコモ回線

【主なオプション】
・5分かけ放題
月額:850円

【主な音声通話プラン】
3GB:1,500円
6GB:1,910円

【解約】
最低利用期間:12ヶ月間
解約手数料:9,000円

「5分かけ放題」は、オプション契約をして、「DMMトーク」で電話をかける事で利用できます。

無料通話が終わった後は、自動的に通話料が半額(10円/30秒)の通話に切り替わります。

この「5分かけ放題」は、「DMM mobile」の契約者のみが利用できます。

楽天にも、同じようなサービスがあります。

楽天モバイルの「5分かけ放題」



楽天モバイル

【特徴】
・楽天スーパーポイントが貯まる
・高い通信速度が安定して出る
・ドコモ回線

【主なオプション】
・5分かけ放題
月額:850円

【主なプラン】
3.1GB:1,600円
5GB:2,150円

【解約】
最低利用期間:12ヶ月間
契約解除手数料:9,500円

「5分かけ放題」は、オプション契約をして、「楽天でんわ」で電話をかける事で利用できます。

無料通話が終わった後は、自動的に通話料が半額(10円/30秒)の通話に切り替わります。

この「5分かけ放題」は、「楽天モバイル」の契約者のみが利用できます。

DMMと、ほぼ同じですね。

まとめ

「DMMトーク」や「楽天でんわ」の大きなメリットは、下記の2つです。

・電話回線を利用している
・他の携帯会社の契約者でも利用可能

しかし、最近ではMVNO専用の同じようなアプリが提供され、これらのアプリの有効活用が無くなってきました。

もちろん、DMMと楽天で契約している人は、有効活用できます。

これら以外では、「LINEモバイル」の契約者は、有効活用できます。

まだ始まったばかりで、通話無料サービスが無いからです。

●参考記事
無料通話のある格安SIM(MVNO)で携帯代を安くしませんか?

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - スマホ ,