新作iPhone 7/7 Plusを購入しても下取り・買取に出さず再利用すべき

      2017/03/11

new-iphone-reuse

iPhoneの新作「iPhone 7/7 Plus」が発売されました。

イヤホンジャックが廃止され、AirPodsというワイヤレスイヤホンになり、非常に話題になりました。

多くの方が購入した報告をされましたが、今まで利用していたスマホはどうしましたか?

スポンサーリンク

appleの下取りに出された場合は、今回の話はあまり関係ないかもしれません。

また、一般の買取業者に売った場合も、同じです。

なぜかと言いますと、今回提案したい事は、下取りや買取業者に出さないで、再利用する事だからです。

これから購入する方や、下取りや買取業者に出していない方には、是非最後まで読んで欲しいです。

なぜ再利用した方が良いか、説明します。

これからは、スマホ2台持ちの時代だからです。

なぜなら、動画見放題サービスがたくさん登場したからです。

動画を見る場合、1台のスマホでは、LINEやTwitterができません。

なので、2台持って使い分ける事が、賢いのです。

今まで利用していたスマホを再利用する場合、SIMカードが必要だと思います。

それは、格安SIM(MVNO)を利用すれば、大丈夫です。

データ通信容量については、モバイルWi-Fiルーターを利用すれば、解決です。

この辺の事を、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

モバイルWi-Fiルーターとは?

外出する時に、持ち歩けるWi-Fiルーターの事です。

色んなモバイルWi-Fiルーターがありますが、お薦めできるサービスは一つしかありません

なぜなら、そこ以外のサービスでは、速度制限が厳しすぎて、使い物にならないからです。

今回紹介するサービスは、速度制限がゆるくて、データ通信量を気にせず利用できるサービスです。

それは、「WiMAX(ワイマックス)」です。

どんなサービスかと言いますと、こんなサービスです。

・基本的に上下10Mbpsの通信速度
・月額の通信容量は上限なし
・直近3日間で10GBの速度制限あり
・速度制限時でも上下1Mbps
・電池は連続使用で12時間以上持つ
・月額換算で約4000円で利用可能

まず、通信速度が“10Mbps”くらい出るので、めちゃくちゃ速いです。

YouTubeの高画質が、問題なく視聴できます。

また、速度制限を受ける条件が、“直近3日間で10GB”とかなりゆるいです。

しかも、仮に制限を受けても、“1Mbps”になるだけです。

これは、YouTubeの標準画質が見れる速度なので、全然困らないです。

標準画質とは、高画質の一段階下の画質なので、それほど変わらないです。

しかもルーターは、“連続使用で12時間以上持つ”ので、外出中に電池が切れる可能性は、ほぼないです。

気になる料金ですが、月額換算で、約3,500円くらいです。

私も契約していて、毎日YouTubeを見まくっています。

毎日、速度制限を受けていますが、YouTubeを見続けています(笑)

それでも、標準画質には違和感を感じないです。

気になる方は、下記の記事を参考にしてください。

WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

あとは、SIMカードを用意するだけです。

データ通信SIMで、安いプランを契約すれば、大丈夫です。

色んなMVNOがありますが、私が一番お薦めの業者を紹介します。

金額は、特記が無い限り、税別表記です。

LINEモバイル

LINEモバイル

【特徴】
・カウントフリー標準装備
※プランによって対象が変わる
・LINEのID検索が可能
・ドコモ回線

【最安値のデータ通信プラン】
●LINEフリープラン
1GB:500円
※SMSは付いていない
※+150円で付けれる
●コミュニケーションフリープラン
3GB:1,110円
※SMSは強制的に付いている

【解約】
最低利用期間:12ヶ月間
解約手数料:9,800円
※最低利用期間内の解約

カウントフリーは、通信容量を使い切った後でも、適用されます。

「コミュニケーションフリープラン」で、カウントフリーになる対象サービスは、下記です。

・LINE
・Facebook
・Twitter
・Instagram

動画に関しては、タイムライン上に表示される、そのサービス公式の動画視聴の場合は、カウントされません。

つまり、YouTubeなどの外部サービスの埋め込み動画の場合は、カウントされてしまいます

また、下記のストリーミング配信に関しても、カウントされてしまいます

●LINE
LINE LIVE
●Twitter
Periscope
●Facebook
Facebook Live

「LINEフリープラン」は、LINEのみが対象サービスです。

何がカウントフリーになるのか不明な点がある方は、下記の公式サイトの記事を参考にしてください。

カウントフリー機能に係る説明書

“LINEのID検索が可能”という事は、MVNOの中で唯一なので、大きなメリットです。

まあ、LINEが運営しているMVNOなので、当たり前ですよね。

あと同じような事で、SMSが付いていなくても、LINEのアカウントを作れます

なので、SMSを付けなくても、問題ないのです。

しかし、「コミュニケーションフリープラン」では、強制的にSMSが付いてくるので、しょうがないです。

また、最安値プランも3GBプランなので、これもしょうがないです。

なぜ「コミュニケーションフリープラン」を紹介するの?

最安値なら、「LINEフリープラン」で良いと思いますよね。

「WiMAX」ルーターを持っていれば、Twitterも利用できるし、「コミュニケーションフリープラン」は不要だと思いますよね。

しかし、ルーターを充電し忘れた時など、緊急時のために少し通信容量を持っていた方が良いと考える人もいます。

これは、保険としての通信容量という意味なので、人によって考え方は違います。

なので、「コミュニケーションフリープラン」も、一応紹介しました。

まとめ

私は、2台のスマホを持っています。

1台目で、YouTubeやHuluをたくさん見ています。

2台目で、LINEやTwitterをチェックしています。

WiMAXルーターを使う事によって、快適な通信環境で過ごしています。

また、ここ1年以上、スマホのデータ通信容量は買っていません。

全く困らないからです。

皆さんにも、この環境を味わってもらいたくて、この記事を書きました。

興味を持っていただけたら幸いです。

●お薦め記事
無料通話のある格安SIM(MVNO)で携帯代を安くしませんか?

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - スマホ