子供にも使用できる最先端AED「CU-SP1」を導入しませんか?

   

aed-children-ok

日常生活において、AEDを見かける事が多いと思います。

貴方が、何かのお店や施設を運営している場合、一度は検討した事があると思います。

しかし、法律や条例によって義務付けられていないと、実際に導入にまで至らない事が多いと思います。

また、現在は義務付ける法律は無く、「推奨」で終わっています。

地域によっては、条例で義務付けられている場合もありますが、施設の規模などによるので、非常に限定的です。

しかし、心停止された方は、1分ごとに7~10%くらい、救命率が下がる事がわかっています。

そして、119番してから救急車が到着するまでに、平均で約9分かかり、その頃には救命率が約10%になっている事がわかっています。

AEDを使用すれば、先ほどの1分ごとの救命率の減少を、ある程度抑える事ができます。

「AEDを使用すれば絶対に助かる」わけではないので、注意してください。

下記のリンク先に、その効果などがわかり易く、簡潔に書いてあります。

AEDを用いた心肺蘇生法

また、貴方の施設でスポーツや運動を行ったり、年配の方が訪れる場合、利用者にとっての安心感にも繋がります。

これから先の事も考えて、少しでも悩まれているのであれば、導入する事をお勧めします。

そこで迷う事が、「どの機種にするか?」です。

AEDと言っても、色んな機種があります。

そして、多くの機種が大人用と子供用で、電極パッドをいちいち交換しなければなりません。

突然心停止される方が、大人か子供かなんて、絶対にわかりません。

また、先ほど言ったように、1分ごとに救命率は下がっていきます。

交換する時間が、勿体なくてしょうがないです。

今回紹介するAEDは、電極パッドを交換する必要がなく、指でモードを切り替えるだけで大丈夫な物です。

それでは、詳しく紹介していきます。

最先端AED「CU-SP1」



AED販売.com

【特徴】
・大人用と子供用で簡単切り替え
・長寿命で5年間
・素人でも使い易い
・メンテナンス料が5年間で9,000円
・無料レンタルあり

今回紹介するAEDは、最先端AED「CU-SP1」です。

先ほど言ったように、大人用と子供用の切り替えは非常に簡単です。

また、素人でも簡単に操作できるように、可視的にわかり易くなっています。

年配の方が操作する事も簡単だと思います。

上のリンク先で、その見た目と使い方について、詳しく説明されています。

導入コストは非公開ですが、一度導入してしまえば、5年間で1個当たり9,000円しか掛かりません。

いきなり導入する事は、結構ハードルが高いので、無料レンタルもあります。

また、AEDアドバイザーによる導入アドバイスや助成金も受け付けているので、気軽に問い合わせしてみてください。

リンク先では、写真付きで導入実例がたくさん載っているので、それだけでも参考になると思います。

まとめ

AEDがあると、それだけで安心感あります。

駅やエンターテイメント施設で、「もし自分が倒れたら…」と思うと恐いですから。

まだ、法律では義務付けされてはいませんが、これからはどうなるかわかりません。

先を見据えて、導入する方が私は良いと思います。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - 生活