カップヌードル「バーニャカウダ」を食べた感想「クリーミー!」

   

nissin-cupnoodle-bagnacauda1

日清食品「カップヌードルライトプラス バーニャカウダ」が話題になっていたので、買って食べてみました。

外観は、緑色をベースにおしゃれな感じになっています。

今までに無い感じなので、期待して食べました。

スポンサーリンク

感想

nissin-cupnoodle-bagnacauda2

上のパッケージはこんな感じです。

これから作ります。

nissin-cupnoodle-bagnacauda3

フタを開けました。

お湯を入れてきます。

nissin-cupnoodle-bagnacauda4

お湯を入れて3分後です。

野菜感が凄い!

nissin-cupnoodle-bagnacauda5

いただきます。

もぐもぐ…

クリーミー!!!

でもスープは、ドロッとしている感じでは無いです。

割とさらっとしていますが、味がクリーミーです。

麺は、短くて噛み切り易いです。

野菜もたっぷりです。

普通に美味しいですが、少しクセがある味なので、好き嫌いは別れるかもしれません。

私は、スープを全部飲めました。

パンと一緒に食べましたが、合いました。

リピート購入は、たまにはありです。

家にパンが余っていたら、是非購入したいです。

スポンサーリンク

商品情報

日ごろの食生活で気になるカロリー、脂質を"ライト"に、さらに食物繊維と野菜を"プラス"した新しいコンセプトの商品。レタス2個分の食物繊維を練り込んだ麺、アンチョビ風味のミルキースープに、キャベツ、カボチャ、タマネギ、レンコン、赤パプリカ、インゲンが彩り豊かに並びます。

引用元:カップヌードルライトプラス バーニャカウダ | 日清食品グループ

内容量(麺量):52g(36g)
カロリー:198kcal

ちょっとクセがあったのは、“アンチョビ風味”だからだったんですね。

“ミルキースープ”なので、クリーミーに感じたという事ですね。

 
楽天:【ケース販売】日清 カップヌードルライトプラス バーニャカウダ 52g×12個/カップヌードル/カ...

バーニャカウダとは?

“バーニャカウダ”とは、一体何なんでしょう?

疑問に思ったので、Wikipediaで調べました。

バーニャ・カウダ(ピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリア・ピエモンテ州を代表する冬の野菜料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する。
テーブルの上でアンチョビ、ニンニク、オリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソースを温め、ジャガイモ・カブ・セロリ・カリフラワーなどの野菜を浸して食べるフォンデュに類似した料理である。唐辛子を用いる工夫がある。

引用元:バーニャ・カウダ - Wikipedia

この“ディップソース”に“アンチョビ”が入っているから、アンチョビ風味にしたんですね。

“フォンデュ”をイメージして、ミルキースープにしたのでしょう。

ただし、もう一度言いますけど、ドロドロ感はなく、割とさらっとした感じです。

まとめ

ライトプラスシリーズは、カロリー控え目で、女性でも気軽に食べれるように作られています。

Light+ - 日清カップヌードル|CUPNOODLE

会社のランチや、家での夜食に合うと思います。

その時は、パンと一緒に食べる事をお薦めします。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - グルメ