ジョギングやランニング中にiPhone 6を腕に固定できるケース

   

iphone-jogging-watch

ジョギングやランニング中に、iPhoneを操作する時にどうしていますか?

多くの方は、ポケットなどに入れておいて、時間を確認する時などに、取り出していると思います。

でも、落とした事ありませんか?

スポンサーリンク

たぶん、あると思います。

それを避けるために、一度立ち止まって見る事もできますが、そうするとモチベーションが下がりますよね。

やっぱり、こういう有酸素運動は、一度でも止まると、呼吸が乱れてしまいます。

そこで、今回紹介する製品は、iPhone 6を腕に固定できるケースとバンドです。

これを使うと、iPhone 6が腕時計のようになります。

装着の仕方は、まずケースにiPhone 6をはめ込んで、バンドに取り付けます。

そして、そのバンドを腕に巻くだけです。

このケース自体も、耐衝撃になっているので、万が一、バンドから外れても安全です。

スポンサーリンク

しかも、そのバンドのケースを装着するホルスター内部には、カードを2枚収納できるスペースがあります。

また、ケースには、取り外し可能なスタンドが付いています。

さらに、バンドにはコードキーパーという、イヤホンを使わない時にコードを巻きつけておけるスペースもあります。

それでは、詳しく紹介していきます。

PureGear HIP Sports Armband

 
●Amazon
【日本正規代理店品】iPhone6S/iPhone6対応アームバンド+耐衝撃ケース! PureGear HIP Sports Armband for iPhone 6 ウォーキング・ジョギング・サイクリングに! (iPhone6 ケース アームバンド ウェアラブル au ドコモ docomo ソフトバンク SoftBank アイフォン6 アイホン6 スマートフォン スマホ ウェアラブル) ブラック

【特徴】
・iPhone 6/6s対応
・iPhoneを腕に固定できる
・耐衝撃ケース+アームバンド
●ケース
・スタンド付き
●バンド
・ホルスターにカード2枚収納スペース
・イヤホンコードの収納スペース
・ロゴが暗闇で反射する
・抗菌性と防臭性に優れている

カードの収納スペースは、ケースの内部ではなく、ケースを装着するバンドのホルスターの内部なので、簡単に取り出せます。

途中で、水分補給のために、コンビニに行ったり、自動販売機を利用する時に、便利です。

ロゴの部分が、暗闇で光を反射するので、夜のジョギングやランニングにも対応しています。

Dry+Flexという技術を利用しており、抗菌性と防臭性に優れています。

腕に固定できるという本来の機能以外にも、様々な機能を持った優秀なアイテムです。

まとめ

iPhoneが生活の一部になっている人も多いです。

そういう方が、ジョギングやランニングをする時には、非常に便利なアイテムになるでしょう。

また、これら以外にも、何かのスポーツにも使用できるかもしれません。

上手く活用してみてください。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - iPhoneケース