外出中でもファックスをPDFで送受信できるサービス「eFAX」

   

internet-fax-outdoor

現在、文章の伝達には、メールやLINEが使われる事が主流です。

それは、プライベートはもちろんですが、ビジネスの世界でもそうです。

しかし、ビジネスの場合、未だに、ファックスを使用する場合があります。

それは、営業先の会社が、IT系に詳しくない場合や、見積もりなどを手書きで書いて送信する場合です。

なので、業種に関係なく、ビジネスの世界では、ファックスが送受信できる事が、絶対に必要になってきます。

大きな会社では、ファックス機能を含んだ、複合機を用意してある事が普通です。

しかし、小さい会社や、実質的なオフィスを持たないような会社ですと、このような複合機は用意していない事が多いです。

理由は簡単で、めちゃくちゃ高価で、邪魔だからです。

業務用の複合機は、10万円以上します。

なので、複合機を用意しないで、ネット上だけで、ファックスの送受信ができるサービスは、非常にありがたいです。

今回は、そのようなサービスを紹介します。

eFAX(イーファックス)



≪eFax≫無料トライアル

【特徴】
・ファックス機が不要
・受信はPDFファイル
・初期費用は無料
・月額使用料 1,500円
・30日間の無料体験あり

手順として、まず30日間の無料体験に参加します。

その時に、主要57都市の市外局番から、好きな番号を選ぶ事ができます。

それがFAX番号になります。

そして、メールアドレスも、最初に1件登録します。

後で、合計5件まで追加できます。

受信する場合は、これらのアドレスに、PDFファイルとして、送られてきます。

送信する場合は、これらのアドレスから、相手のFAX番号を含む所定のアドレス(相手の番号を含む数字@efaxsend.com)に送ると、完了です。

この“相手の番号を含む数字”については、上のリンク先の『ご利用方法』→『送信方法の詳細はこちらから』のページに書いてあります。

送信に対応しているファイルは、下記です。

・PDF
・ワード形式(.doc)
・エクセル形式(.xls)
・パワーポイント形式(.ppt)
・JPG
・GIF
・PSD

これら以外にも、対応しているファイルがあるらしいのですが、それは問い合わせて欲しいとの事です。

料金に関してですが、初期費用は無料です。

30日間の無料期間後は、有料になります。

その時の支払い方法は、2種類あります。

月払いの場合は、月額1,500円(税別)です。

年払いの場合は、初年度は12,000円/年(1ヶ月あたり1,000円)で、2年目以降は15,000円/年(1ヶ月あたり1,250円)です。

いつでも解約可能です。

送受信は、毎月150ページまで無料ですが、151ページ目以降は、10円/ページの別途料金がかかります。

また、1ページの概念は、60秒間の通信との事です。

営業職が多い会社や、設立して間もないベンチャーなどで、多く利用されている、結構有名なサービスのようです。

まとめ

私も会社務めをしていた時は、複合機をよく使用しました。

ファックスが来た時は、担当の方のデスクまで行って、手渡ししていました。

これだったら、全員で共有できるメールアドレスを登録していれば、そんな手間は省けます。

すでに複合機を導入している会社でも、このサービスを導入するメリットは大きいと思います。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - 生活