ドコモでカケホーダイを残してパケットパックを解約する方法

      2017/03/11

docomo-data-kaiyaku

ドコモでは、カケホーダイを残して、パケットパックを解約できます

spモードも解約できます。

なので、どうせ解約するなら、spモードごと解約した方が良いです。

これにより、月額2,700円で、通話し放題のスマホが誕生します。

ただし、注意点として、月々サポートはなくなってしまいます

パケットパックの契約が、最低条件だからです。

しかし、解約した方が充実したスマホ生活を送れます

それでは、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

カケホーダイには2種類ある

ドコモのカケホーダイには、下記の2種類あります。

●カケホーダイプラン
料金:月額2,700円
内容:通話時間に関係なく無料

●カケホーダイライトプラン
料金:月額1,700円
内容:1回あたり5分以内の通話が無料

これらのうち、パケットパックを解約できるのは、「カケホーダイプラン」のみです。

「カケホーダイライトプラン」は、指定のパケットパックを契約する必要があるからです。

この時点で、「カケホーダイライトプラン」の契約者の方は、「カケホーダイプラン」にプラン変更する必要があります

これは、解約金はかかりません

この変更をした後ではないと、パケットパックは解約できません。

また、“定期契約あり”を選択する方が安いので、こちらで契約するべきです。

これは、いわゆる2年契約ですが、格安SIM(MVNO)には無制限の通話し放題はないので、これからも長年ドコモにお世話になると予想されるからです。

●参考リンク
基本プランを選ぶ | 料金・割引 | NTTドコモ

spモードごと解約するメリット

パケットパックだけを解約するよりも、spモードごと解約した方が得です。

理由は、下記の2つです。

・spモード自体にも月額300円かかる
・知らないうちにパケット通信する事を防ぐ

スマホがネット通信できる理由は、このspモードを契約しているからです。

これを解約したら、ネットに繋がる事はありません

また、パケットパックを解約しても、spモードを契約していれば、ネットに繋がります

そうなると、知らないうちにWi-Fi環境から離れていた時に、パケット通信してしまいます

その時のパケット通信料は高額になるので、spモードは解約しておいた方が良いです。

spモードを解約すると、パケットパックを契約する意味が無いので、同時に解約する事になります

スポンサーリンク

ただし、SMS機能は使えます

SMSは、電話回線を利用しているからです。

解約方法や、日割りが適用されるかなどは、ドコモショップで聞くのが一番です。

ネットは、IDや番号が必要で、パニックになります。

電話は、かなり待たされます。

●参考リンク
spモードでできること | サービス・機能 | NTTドコモ

お申込み方法 | サービス・機能 | NTTドコモ

月々サポートは無くなる

月々サポートと、これを増額させる割引(U25スマホ割など)は無くなります。

この条件の一つに、「指定のパケットパックを契約する事」があるからです。

しかし、安心してください

そもそも、パケットパックが高額だからです。

●ウルトラデータLLパック
容量:30GB
料金:月額8,000円

●ウルトラデータLパック
容量:20GB
料金:月額6,000円

●データMパック(標準)
容量:5GB
料金:月額5,000円

●データSパック(小容量)
容量:2GB
料金:月額3,500円

一番安い「データSパック」でも、月額3,500円もします。

月々サポートなどの割引の合計が、仮に毎月3,000円だとしても、解約した方が普通にお得です。

●参考リンク
月々サポート | 料金・割引 | NTTドコモ

パケットパックを選ぶ | 料金・割引 | NTTドコモ

データ通信はどうするの?

家で動画を見る場合は、自宅のWi-Fiを利用すれば問題ないですよね。

問題は、外出中です。

それは、モバイルWi-Fiルーター「WiMAX」で、解決します。

・基本的に上下10Mbpsの通信速度
・月額の通信容量は上限なし
・直近3日間で10GBの速度制限あり
・速度制限時でも上下1Mbps
・電池は連続使用で12時間以上持つ
・月額換算で約4000円で利用可能

まず、通信速度が“10Mbps”くらい出るので、めちゃくちゃ速いです。

YouTubeの高画質が、問題なく視聴できます。

また、速度制限を受ける条件が、“直近3日間で10GB”とかなりゆるいです。

しかも、仮に制限を受けても、“1Mbps”になるだけです。

これは、YouTubeの標準画質が見れる速度なので、全然困らないです。

標準画質とは、高画質の一段階下の画質なので、それほど変わらないです。

しかもルーターは、“連続使用で12時間以上持つ”ので、外出中に電池が切れる可能性は、ほぼないです。

気になる料金ですが、月額換算で、約3,500円くらいです。

私も契約していて、毎日YouTubeを見まくっています。

毎日、速度制限を受けていますが、YouTubeを見続けています(笑)

それでも、標準画質には違和感を感じないです。

気になる方は、下記の記事を参考にしてください。

WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

まとめ

多くのユーザーは、月々サポートが魅力的に見えて、高額なパケットパックに加入しています。

かなり無駄な出費になっています。

そんなものは解約してしまって、「WiMAX」を契約した方が、遥かにお得です。

今回紹介したように、カケホーダイを残したまま、解約できます。

そうすると、月額約6,200円で、通話し放題で、データ通信量も気にしなくて済む、究極のスマホが誕生します。

これが勝ち組のスマホ生活だと思います。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - スマホ ,