女性が荷物の受け取り時に使用できるディズニーのシャチハタ印鑑

   

woman-disney-shachihata

家で荷物を受け取る時のサインって、どうしています?

男性の場合、普通に配達のお兄さんのボールペンでサインしますよね。

でも、女性の場合、それも何かつまらなくないですか?

スポンサーリンク

やっぱり、女性には、色んなところに気を配っていて欲しいです。

その方が可愛いです。

そんな女性にお薦めできる、ディズニーのシャチハタ印鑑を紹介しようと思います。

宅配便の受取印くらい、シャチハタでも十分過ぎます。

ところで、シャチハタとは、正式には表記は「シヤチハタ」で、社名の事です。

私達が普段言う“シャチハタ”は、この会社が作っているインキ浸透印の事を意味して使用する場合がほとんどです。

浸透印タイプの印章は公文書などへの使用は認められていないことが多い。これは、素材がゴムであるため押し方や経年変化による劣化などにより同一スタンプでも印影が変わる可能性があること、時間が経過するとインキが薄くなること、大量生産であるために別のスタンプでも同じ形状の文字が押印できること、などが理由である。
代表的な使用例としては、社内での確認印や、宅配便の受取印、認印などである。希少苗字の印の特注もできる。

引用元:シヤチハタ

ここに書いてある通り、会社での確認印にも使用されたりもします。

まあ、会社によるので、購入する前に確認する必要はありますが。

会社で使用する際は、多くの人の目に触れるので、可愛い印鑑を使用した方が良いでしょう。

それでは、実際に商品を紹介していきます。

ミッキーやプーさんの商品が多いです。

スポンサーリンク

着せ替えできる「クリップホルダー&キャップ 」

 
全12種類あります。

ディズニーシリーズの可愛いシャチハタ用の着せ替え「クリップホルダー&キャップ 」です。

着せ替え方は、リンク先に、画像付きで書いてあります。

シャチハタ本体は、別売です。

本体は「ネーム9」という商品です。

●既製品(既に名字の型がある)
用途の広い、ポピュラーサイズのネーム印スタンプ台不要の浸透印の定番!シャチハタネーム9【既...
●別注文(名字の型が無い)
認め印に最適!!スタンプ台不要の浸透印の定番認め印として最もポピュラーな印面サイズシャチハ...
 
同じショップです。

この商品と併せて、ご購入ください。

オーソドックスなシャチハタを、自分の気に入ったパーツに着せ替えれるのは、嬉しいですよね。

アクセサリー感覚「プチネーム」

 
アクセサリー感覚で、持ち運べる小さいシャチハタです。

非常に小さくて、ストラップが付いています。

スマホに取り付けておけば、家でも、職場でも、すぐに対応できるでしょう。

無くす事もありません。

「でも、落ちちゃいそう…」

大丈夫です。

キャップはロック式になっているので、落ちにくいような設計になっています。

個人的に、特にこれは好きです。

玄関先にピッタリ「スタンディングネーム」

 
玄関先に置いておくのにピッタリなシャチハタです。

宅配便が来た時に、すぐに対応できますし、インテリアとしても良いです。

オフィスのデスクに置いておいても、可愛いと思います。

形もユニークで、特にプーさんは可愛過ぎます。

ボールペンと一体型「ネームペンQ」

 
鉛筆やシャーペンと消しゴムの一体型は、よくあります。

しかし、これはなんと、ボールペンとシャチハタの一体型です。

確かに、ボールペンであれば、常に持ち運ぶので、急に印鑑が必要になった時に対応できます。

オフィスに置いておいたり、筆箱に1本入れておいても良いかもしれません。

お子様用「どこでももちものスタンプ」

 
お子様用のシャチハタです。

印は、ひらがなでフルネームとキャラクターの顔です。

キャラクターの顔は、ミッキーとプーさんで、それぞれ50種類ずつあります。

リンク先でイメージを確認できるので、気になった方は是非確認してみてください。

本格的な物では無いので、ちょっと大人の仲間入りの気分を味わって貰う事ができます。

入園や入学が決まった際にプレゼントすると、お子さんも喜ぶのではないでしょうか。

まとめ

女性でも、印鑑まで「可愛い」を追求している人は、それほど多くないかもしれません。

でも、男性はそういう所まで見ています。

家でも、職場でも、可愛くあって欲しいです。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
ネスカフェ「ドルチェグスト ドロップ」をレビュー!使い方を徹底解説

ネスレが発売しているカプセル式コーヒーマシン、ネスカフェ「ドルチェグスト ドロッ ...

3
格安SIM(MVNO)で競争が激化!「嘘だろっ?」と思うサービスも

格安SIM(MVNO)は、一昔前では、月額料金の競争だけでした。 しかし、その後 ...

 - 生活