アウトカメラが使用できるセルカ棒!インカメラよりも画質が良いです

      2016/04/11

jigadori-sumaho-benri

セルカ棒最近流行っています。

呼び方は、セルカ棒セルフィースティック自画撮り棒などがあります。

複数人での撮影集合写真の撮影には、最適です。

スポンサーリンク

セルカ棒はどうして流行った?規制もある?

韓国では結構前から非常に流行っていました。

街中で撮影している人が居るそうです。

向こうは、カップルも多いですからね。

やっと日本にも、その流行がやってきたようです。

ディズニーランドでも、規制が設けられたくらいです。

ディズニーランドではセルカ棒禁止! - その理由を広報部に聞いた | マイナビニュースディズニーランドではセルカ棒禁止! - その理由を広報部に聞いた | マイナビニュース

「セルカ棒を使用しているゲスト(客)が急激に増えているが、ゲストの安全を考慮して、当パークではセルカ棒の使用を禁止させていただいている。伸ばした棒の先端などが、顔や体に当たると危険なので」

ごもっとも!

でも、ディズニーランドこそ、皆で遊びに行く場所なのに…

ちょっと寂しい気もします。

あと、アイドル業界でも非常に流行っているようです。

アイドルグループで、皆で撮影する時便利みたいです。

また、倉持由香さんが行っている、「グラドル自画撮り部」大変話題になりました。

そこで、セルカ棒を紹介するのですが、単なる人気のセルカ棒なら、調ばればすぐ出てきます

なので、少し変わった角度紹介します。

スポンサーリンク

アウトカメラで撮影できるセルカ棒

 
●楽天
【全品ポイント5倍!〜2/12(木)9:59まで】【サンワサプライ直営店】自撮り棒 確認ミラー付 ...
 
【特徴】
・アウトカメラを使用可能
・付属のミラーで映り方を確認しながら撮影
・棒の全長 約23cm~95cm
・長さは5段階調整
・ストラップ付き
・スマホだけでなくデジカメでも使える

【対応端末】
・幅が7cmより小さいスマホ
・カメラ用ネジ穴を備えたデジカメ
※端末のセルフタイマー機能が必須

アウトカメラが使用できる事が、最大のメリットです。

iPhoneなど、多くのスマホでは、アウトカメラの方が画質が良いです。

それが使えるのはありがたいです。

「にょいん」と出ている四角い画面は鏡で、それを見ながらアウトカメラで撮影します。

ハンディカメラの感覚です。

しかし、シャッターを押すボタンなどは無いので、端末のセルフタイマー機能が必須です。

一番流行っているタイプのセルカ棒

 
【特徴】
・ケーブルをイヤホンジャックに接続
・リモコンではなく棒のボタンで撮影
・棒の全長 約23cm~105cm
・約55mm~85mmまでの端末に対応
・角度は180度調整可能
・全4色

一番流行っているタイプのセルカ棒です。

手元のボタンがシャッターになっています。

iPhone 6 Plusにも対応しています。

一応、こういうオーソドックスな物も、紹介しておきます。

まとめ

アウトカメラが使用できるのは、非常に大きなメリットです。

インカメラとアウトカメラでは、画質が全然違います。

セルカ棒は大変便利ですが、大きなスペースを取ります。

周りに十分に気を使って撮影しましょう。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - ガジェット