ネットで投げ銭して貰える方法やサービスのまとめ!仮想通貨にも対応

   

ネットで投げ銭して貰える方法は、昔から模索されて来ています。

フィンテックに注目する企業が増え、その可能性は非常に大きくなって来ました。

しかし、先日Twitter上で話題になった「Osushi」のように、運営社自体が日本の法律に抵触していた場合もあります。

“投げ銭”サービス「Osushi」再開 「金銭」受け取り→「商品」と交換制に

今回は、そう言った法律に抵触していそうなサービスを除いて、ちゃんとしたサービスや方法を紹介します。

また、仮想通貨が非常に盛り上がっているので、仮想通貨での投げ銭についても、紹介します。

スポンサーリンク

物乞い(ものごい)は軽犯罪法違反

その前に、一番大事な事を説明しておきます。

まず、この記事を読んでください。

「ネットこじきは犯罪」 容疑で無職男が書類送検 募金や大道芸は?

物乞いは、軽犯罪法違反になるので、止めておきましょう。

軽犯罪法1条では、「こじきをし、又(また)はこじきをさせた者」を「拘留又は科料に処すことができる」と定め、こじき行為を禁じています。

この法律の理由は、憲法にあります。

憲法には、国民の「勤労の義務」が定められています。

しかし、大道芸などは認められています。

ちなみに、大道芸や楽器演奏などのパフォーマンスを路上や公園で披露し、見物客から「投げ銭」を集める行為は、パフォーマンスの対価とみなせるため、適法だそうです。

つまり、投げ銭を募る場合は、何かの対価として募らなければならないのです。

なので、「〇〇という活動を支援してください」や、「物を送るので支援してください」など、何かを提示して募りましょう。

さて、本題に移ります。

スポンサーリンク

現金(日本円)

LINE Pay

LINE Pay

あの有名なLINEのサービスの一部です。

このサービスでは、他の友達登録してあるLINEユーザーに、お金を送れます。

このサービスの中に、下記の2種類のアカウントがあります。

・LINE Cash
・LINE Money

LINE Cashは、本人確認が済んでいないアカウントです。

お金を送る事も、受け取る事もできません。

単なる「LINE ウェブストア」での決済に使えるだけです。

コンビニなどで、自分で入金する必要があります。

LINE Moneyは、LINE Cashのユーザーが本人確認をした後に与えられるアカウントです。

お金を送る事も、受け取る事もできます。

受け取ったお金を出金する事もできます。

LINE Moneyのアカウントから、LINE Payの未登録者、LINE Cashのアカウントに、お金を送る事もできます。

しかし、この場合は、送信後7日間以内に、送られた人がLINE Moneyのアカウントを取得しないと、送った人に返金されます。

最近では、元LINEの田端信太郎さんが、Twitter上での「ZOZOTOWN退会祭り」のお詫びとして、「ZOZOTOWN入会祭り」を行いました。

その際に、LINE Payを使って、お金を知らない人にばら撒きました。

ZOZOTOWNに転職した田端 信太郎氏が金をばらまく祭りを開始www

この時のお願いは、「ZOZOTOWNから買った服をきて写真をアップロードして」という内容でした。

つまり、ZOZOTOWNの宣伝活動を支援する形で、投げ銭をしたという事です。

●参考リンク
意外とわかりにくいLINE Payの仕組みを徹底解剖。LINE CashとMoneyの違いとは?手数料はどこにかかるの?

スポンサーリンク

polca(ポルカ)

polca(ポルカ)

これは、あの家入一真が社長を務める株式会社CAMPFIREが運営しています。

個人の小規模なクラウドファンディングです。

投げ銭を募る側が何かを企画して、それを支援したり、それに参加する権利を購入する形になります。

アプリをインストールして、クレジットカードを登録すれば、すぐに企画したり支援できます。

銀行口座を登録すれば、本人確認なしで出金できます。

LINE Payやpolcaのようなサービスは、他にもありますが、実は全然違います。

それはこの記事が非常に参考になります。

なぜpaymoやKyashやpolcaがよくて、Osushiが法律的にアウトなのか?PayPalも諦めた日本の「送金」事情。

スポンサーリンク

Amazonギフト券(Eメールタイプ)

Amazonギフト券(Eメールタイプ)

Amazonギフト券を、メールで誰かに送れるサービスです。

相手のメールアドレスさえ分かれば、送れてしまいます。

一番古典的ですが、一番ユーザーが多いAmazonのサービスなので、期待はできるのかもしれません。

しかも、相手に伝わる送り側の情報は、利用時に入力する「贈り主」のみです。

これを、手入力でハンドルネームなどに変更すれば、相手にはそれしか伝わりません。

それを検証したブログ記事はこちら。

Amazonギフト券は送信者・受信者共に匿名で送る事が可能なのかちょっと試してみました。

しかし、これも何かの活動をしていて、支援を募る形にしましょう。

また、「ほしい物リスト」は登録してある本名が晒されるので、利用しないようにしましょう。

身バレの危機? Amazonの「ほしい物リスト」、保存すると本名に書き換わる仕様に変更

スポンサーリンク

仮想通貨

MONA

モナコイン(単位:MONA)です。

このモナコインを、Twitter上で投げ銭できるシステムを作った人がいます。

そのシステムを、tipmona(チップモナ)と言います。

tipmonaの使い方

相手のTwitterアカウントが分かれば、送金できます。

もちろん、受け取った側は、出金できます。

MONAを円に換える場合には、国内だと下記の取引所などがあります。

【取引所】
Zaif
bitbank
【販売所】
bitFlyer

スポンサーリンク

XEM

コインチェック騒動で話題になったネムの一つであるゼム(単位:XEM)です。

これもMONAと同じように、Twitter上で投げ銭ができます。

そのシステムを、nem-tip-bot(ネムチップボット)と言います。

nem-tip-botの使い方

相手のTwitterアカウントが分かれば、送金できます。

もちろん、受け取った側は、出金できます。

XEMを円に換える場合には、国内だと下記の取引所があります。

【取引所】
Zaif

スポンサーリンク

まとめ

【現金】
・LINE Pay
・polca(ポルカ)
・Amazonギフト券(Eメールタイプ)

【仮想通貨】
・MONA(モナコイン)
・XEM(ゼム)

数あるサービスの中から、現実的にあり得そうな物を選んで紹介しました。

仮想通貨に関しては、他にもあるようですが、あまり詳しくないので、流行っている物に限定しました。

現在は、何かを応援するのには様々なサービスがありますが、やはり敷居が高い物が多いです。

この記事によって、そういう活動やその支援の敷居が下がり、お金の循環が円滑化すれば幸いです。

おすすめ記事

1
WiMAXって何?速度制限時でも動画が見れるWi-Fiルーターです

WiMAXとは、au系のUQコミュニケーションズが提供する、無線のインターネット ...

2
自宅に無料でネスカフェのコーヒーマシン「バリスタ」を貰う方法

「バリスタ」とは、ネスレが運営するブランドである「ネスカフェ」のコーヒーマシンで ...

 - 仮想通貨